Wild Log Coaster
reverse-running BANDIT よみうりランド

photo | report | data | movie | bottom

逆走バンデットは期間限定のイベントで、一般的には4月前後および10月前後のそれぞれ1.5ヶ月間ほど運行しています。 気候の良い時期であり、オフィシャルサイトで開催時期を確認の上、パークを訪れるのが良いでしょう。 イベントのために車両の向きを変えているのではなく、 専用車両が用意されており、通常車両と逆走車両の2機が交互にスタートします。
(注)逆走バンデットは2006年秋以降、開催されていません。


Photo Gallery Autumn 2006
2006年秋撮影の写真です。

駅舎にて
逆走バンデット開催時は、専用の並び口があるので、逆走の列を選ぶ。 コンクリートの階段を登るとホームに出る。 フリーパスはマジックライトなので、改札の読み取り機器に手をかざしてホームに入る。 基本は手荷物持ち込み。 大きな荷物や壊れやすいものは、あらかじめコインロッカーなどに入れておこう。 特等席は最もスリリングかつ視界完璧の最後列だが、 前詰め乗車(後ろ向きに前詰め)を指示されるので、閑散日には高嶺の花になってしまう。
逆走ライド
ライドは基本的に通常版と同じ(色違い)だが、シートベルトが付いている。 さすがに逆走では、ハーネスは必要かな?と思われる。 逆走のみBGM付き(タイトルは毎回変わる)でスタートする。
巻き上げ
スタート後、右カーブして巻き上げに入る。 ハーネスにもたれかかるように前のめり。 ギャラリーに見送られながら、高度を上げていく。 駅舎周辺の景観から園内全域、そして関東平野の遠望へと移り変わり、ほどなく頂上。 平坦になるので景色は見えなくなる(最後列を除く)。
1st & 2nd ドロップ
そのまま後ろ向きに、ずるずると下る。 風圧もスピード感もいまひとつだが、気が付けばファーストドロップのレールが猛スピードで遠ざかっていく。 そして右にひねられながら、ブーメランターンが遠ざかってゆく。 とても新鮮な眺めだ。
螺旋の登り
コースが右に傾いた瞬間、強烈なプラスGに襲われる。 遂に突入だ。 轟音と圧迫の右カーブ。 逆走では、体感的には左回り。 プラスGを堪えながら後方の景色を見送るのみ。
丘陵を疾走する
旋回を抜けると3度目の落とし。 緩い左カーブのピークを越えて4度目の落とし。 これまで走ってきたコースをくぐり抜け、第1高点とブーメランターンが、ぐんぐん遠ざかる。
左に大きく振られると、谷間への大落し。 でも後ろ向きなので、単なる加速という程度。 軽々と登り返し、谷間の全容が見えてくると、そのスケールの大きさに気付かされる。
終着駅へ
坂を上りきり、左鋭角ターンを越すと、ホワイトキャニオンが見える。 そしてラスト2回のキャメルバックを越し、4mくらいの坂を跳ねるように登ってブレーキが掛かる。 そして駅舎まで徐行し、大満足のうちに終了する。
▲▲

まとめ)
ホントに逆走しちゃって大丈夫なの?って不安はありますが、 おおらかなコース設定なので問題ありません。 予備知識がなければ、後ろ向きならではのスリルを味わえると思いますが、 コースを把握していると、乗り味は通常版とそれほど大差はありません。 高いヘッドレストに遮られ、風圧を楽しめないのが短所。 それでも、視点が180度変わる展望は新鮮かつ最高で、まさに2度おいしいイベントです。 閑散日に前詰め乗車を指示されても、通常・逆走と交互に乗れば、変化があって楽しいことを付け加えておきます。
▲▲

DATA
項目 備考
最高地上高度 60m コース上の表示による。駅から最高地点までの高度差は、非公式な値だが、約45mとのことである。
最大高低差 78m 地形を活かした高低差。すなわち、駅より約30mも降下するのだ。
最高時速 110km/h 建設許可をもらうために、クルマのサンルーフから頭を出して高速道路をカッ飛ばし、心電図をとったという逸話があるそうだ。
最大斜度 45度 規制を守った仕様で、残念ながら「並み」の値です。
最大G 2.5G 螺旋コースでは、数字以上に効きます。
軌道延長 1560m
運転時間 3分07秒
制作 TOGO

乗車制限)
身長110cm未満、妊娠中の方、骨に異常のある方、飲酒なさっている方など

reverse-running BANDIT take 1
reverse-running BANDIT take 2

▲▲

EXIT