Diving Coaster
VANISH!
よこはまコスモワールド (固有機種)

photo | report | data | movie | bottom

バニッシュは1999年3月18日、よこはまコスモワールドの拡張に伴い、世界初の水中突入マシンとして売り出された新鋭機。 もちろん実際に水中に入るわけではなく、池に設けられたトンネル(地下)を走り抜ける。 むしろ、夜景の美しさNo.1として紹介されるマシン。水面に映る街の明かりは格別でしょうね。 コスモワールドは、デルピスザコースター(フェスティバルゲート)など話題の都市型中規模コースターや大観覧車で有名な 泉陽興業(株)が運営している。


Photo Gallery Winter 2006
2006年冬撮影の写真です(夜景)。

パーク入り口から搭乗まで
パーク入り口は、国際橋の袂にあります。 内部は立体構造で、陸橋と階段が入り組んでおり、そのまま階段を登ってしまうと迷う可能性があります (コスモクロック21待ちエリアに入り、一度階段を下る必要あり)。 パークに入ってすぐに階段を下り、地上に降りるのが正解。 バニッシュ入り口や、有人チケット売り場(各種割引券使用可)がすぐに見つかります。 回数券を使う場合は、券売機に入れてチケットを購入。 ホームに案内されると、ロッカーに荷物を置いて、いよいよ搭乗。 車両にはU字型ハーネスが装着されておりガッカリ。 席について仕方なくハーネスを降ろし、シートベルトを装着。 シートベルトは、いわゆるスペースショットと同様にハーネスに接続する方式で、なんでここまで厳重なのか理解に苦しみます。 しかも身体を押しつぶすほど重いハーネスに「うげぇ」と絶叫してしまうし、ライドの横にはガードが装着され、手を動かそうにも動かせない。 「駄目だこりゃ」と意気消沈して出発を待ちます。
巻き上げ
コースターはゆっくりとホームを滑り出し、すぐに右180度ターンします。 そのままホーム横を徐行して巻上げポイントへ。 余裕があれば右手を見てみましょう。 ホーム端にスタッフが立ち、監視していることが判ります。 もしここで不用意にカメラや携帯電話を取り出すと、巻上げを一時停止して、カメラ等を一時没収されますので注意。 巻き上げは異常に遅く、このペースでは一体いつ上に着くのか心配になるが、次第に加速。 ぐんぐん登って、すぐに頂上です。衝撃もなく、快適な巻上げになっています。
1st & 2nd ドロップ
ほぼ水平に右Uターンしてファースト・ドロップ。カーブしながら登ってセカンド・ドロップ。 どちらも、それほど落差がなく前振りといった感じで、スピード感も程々。 夜間だとイルミネーションが綺麗で、うっとりする眺めです。
水中突入(3rd ドロップ)
ぐぐっと登って、左によじれながら、池の真ん中に口を開けたトンネル目指して、一気にダイビング。 池が迫るにつれて噴水が上がるけど、ほんの一瞬でトンネルに突入します。
水中トンネルからキャメルバック
トップスピードで走り抜けるトンネルは、迫力満点で爽快だ。 トンネルは緩やかな左カーブで、イルミネーションとフラッシュライトが交錯します。 出口から大きく登って、屋上キャメルバック。 パークの裏側を下って登り返すと、ややスピードを落としながら左にカーブしていきます。
旋回からフィニッシュ
カーブを抜けると、左旋回の渦巻きが見えてきます。 R(推定半径10m)の小さい螺旋を見ると、強いプラスGが予想され、思わず身構えてしまう。 次第に加速すると、予想以上に効いて、不覚にも貧血症状。 2周すると軽く登ってフィニッシュです。
▲▲

まとめ)
池のトンネルに落とすという斬新なアイディアで、小ぶりながら意外な瞬発力を持つ、実力派のマシンである。 ネーミングのVANISHも、水中に「隠れる」ことに因んでいる。 走行も安定しており不快な振動もなく、整備も良好だ。 都市景観や夜景の素晴らしさも特筆物で、デートコースとしても最適だろう。 ただ、未だにフリーパスが導入されないのが残念なところである。

以上がポジティブな評価であるが、重いハーネスが全てを台無しにしているといっても過言ではない。 ネット上の掲示板でも「ひどいコースター」と断じられたこともあり、 実際たった一度乗っただけで、肩に直線的な充血ができていた(無理に万歳した所為かも)。 バニッシュの最大かつ唯一(と言ってもよい)の問題点は、ハーネスに尽きる。

問題のライドです。

肩から胴体に向けて、直角に折れ曲がるハーネスに注目ください。 ハーネスのカーブと人体のカーブとが合ってなく、胸部から腹部にかけて押さえつけられるようになる。 この重さが半端ではなく、持ち上げてないと息が苦しい。 体型を問わず容赦なく、まるで人間プレス機のようだ。 追い討ちをかけるように、横から押さえつけるようなガードも付いており、万歳も困難。 しかも、ハーネスはプラスGの影響で下がってくるので、 「浮きを味わうために少し緩めにしておく」のは止めた方がよい。 1stドロップ以降の強烈な押し付けに、ひどい目にあう。 ここはハーネスをしっかり下ろして、大人しく座っておくのが正解。 残念ながら、浮遊感については諦めるしかない。 それ以前に、コース内容を考えるとハーネスの必要性は皆無。 走行性能の良いライド(振動が少なく滑らか)だけに、この点を改善すれば、非常に良いコースターに生まれ変わる可能性あり、関係者はぜひ再検討いただきたいと考えます。
▲▲

DATA
項目 備考
最高地上高度 32.5m
高低差 37m 「地下」にもぐって高低差を稼ぎます。
最高時速 100km/h? 現在、最高速度は公表されていません。
最大斜度 50度 左によじれながらの落としです。
最大G 3.8G
軌道延長 744m
運転時間 150sec

乗車制限)
身長120cm以上

Vanish! onride (night view)
reserved

▲▲

EXIT