Shuttle Loop Photo Report Dec 2006

Shuttle Loop | bottom

シャトルループは1980年5月オープン、ドイツ・シュワルツコフ社製のカタパルト式コースターです。 約1秒間に90km/hまで加速し、垂直ループに突入するレイアウトは、当時としては極めて斬新なものでした。 日本における、本格的な絶叫マシン文化の幕開けでもありました。 関東では他に横浜ドリームランドと小山ゆうえんちにも設置されましたが、相次いで閉園・撤去されています。 首都圏唯一残された貴重なマシンでしたが、2007年8月から機械調整のために運休し、そのまま廃止が決まりました。 国内では、ナガシマスパーランドの1基を残すのみです。

当ページの記事は運行当時のものです。ご了承下さい。

スペックは以下のとおり(著書「チキチキ絶叫マシン大レース」参照)。
最高速度 86km/h、延長 280m(片道)、運転時間 35秒、最大斜度 70度、最高高度 45m、最大G 6G
ムーンサルト・スクランブル(富士急ハイランド)無きあとでは、国内で最大級のプラスGを楽しめるマシンです。

としまえん自体には新鋭マシンは無く、あえてレトロな雰囲気を残した異空間になっています。 シャトルループは正面入り口から奥まった場所にありますが、園内は広くないので、乗り場はすぐに判ると思います。 ただ、ホームにたどり着くには、九十九折れの螺旋状スロープを延々歩かなければなりません。 乗車位置は、自由に選ぶことができます。 ライドにはショルダーハーネスは無く、簡単なシートベルトと膝元の安全バーのみで、とても開放感があります。 シャトルループは騒音問題により営業時間が短くなっていますので、お出かけの際には十分注意してください。身長制限110cm以上。

降り場ホームの棚に荷物を置いて、着席します。

アングルを変えて、車両先頭部分を見ます。

ご注意)
シャトルループではカメラを持ち込んで搭乗することができます(2006年現在)。 しかし、それに反して乗り撮りの難易度は非常に高いです。 安全バーを握ってないとスタートしてもらえず、片手でカメラを構えなければなりません。 またカメラを落下して事故を起こすと、取り返しのつかないことになりますので、 決して真似をなさらないようお願い申し上げます。

発射準備が整えば、ピッ、ピッ、ピッ、とカウントダウンが始まります。 ヘッドレストに頭を押し付け 、カメラを持つ手に力が入ります。

右側、動き始める瞬間。

左側、猛ダッシュが始まった!

背中が座席に押し付けられ、ひたすら重力に耐えるのみ。

猛スピードで景色が流れてゆく。

垂直ループが迫ってきた。レールが右にねじれてます。

突入!!

この時点でも、安全バーから手を離してはなりません。 ループ突入時は、ライドが急に立ち上がり、油断すると前につんのめります。 こうなると、乗り撮りは失敗。 安全バーを持たずに上体を保持するのは無理っぽい。

回転開始。ここで強いGに襲われる。

回転中。右側に騒音防止用?のカバーあり、視界は良くない。

マジで、何も見えない(右側)。「ネズミの回転遊具」との例えは、言いえて妙。

左側は園内と都心方面の展望。

天地逆転。ホーム側が見える。

落下。

着地。なんだか倉庫の中、みたいな。

プラスGから開放されると、前方タワーが見えてくる。

ループの右半分を覆うカバーや鉄骨は、見た目のインパクトや個性の演出もあり、 マイナス面(視界)だけでは語れないです。 乗り味には、特に影響ありません。

すごい高度感。

この登りは気持ち良い。目指すは、天!!

あともう少し登って停止。後方落下に入る。

右側展望。住宅地が広がっている。

後方展望。高度感もあり、園内の主要マシンが見える。

左側展望。夕焼けとシルエット。

逆走開始。浮遊感のある、楽しいバックドロップ。

すかさず後方ループ。乗り味は往路よりも優しい。

ゆっくりと回り続ける。

後方ループを抜ける。

強目のブレーキがかかり、速度がガクンと落ちてしまう。

横浜ドリームランドでは、ほとんどブレーキは掛からなかったと思うが、記憶違いでしたら、ごめんなさい。

ホームを駆け抜ける。 余裕があるなら、スタッフに手を振ろう。

まだスピードは死んでないので、ぐんぐん遠ざかる。

乗降ホームには屋根が無く、改札側と制御室は「ガラス張り」という、一風変わった構造です。 なので、視界が良くて絵になります。 しかし夏場は炎天&ガラスで地獄かも。

後方タワーへの登り。ホーム出入り口の螺旋スロープが見える。

いちばん前の席では、ここまでしか登らない。高度感なし。

いちばん後ろなら、高度感抜群。斜度感もバッチリ。

ただ、タワーを上り詰めたときの浮遊感が今ひとつ。 横浜ドリームランドでは、放り上げられるような浮きがあって、むちゃくちゃ気持ちよかったと記憶しているが、それが感じられない。やはりブレーキの差だろうか? おまけに、全面アスファルトで、写真にすると冴えない。 豆粒のような人で、高度感を味わってほしい。

左側はフライングパイレーツ。

右側はコークスクリュー。

70度の落としに入る。ふわりとした心地よい落しだ。

急ブレーキが掛かって終了。 もう一回乗る?

横浜ドリームランドでは、安全バーで胸を打つことがあったが、ここではその心配はなさそうだ。 スピードが落ちてるということか?
発射後の画像は動画から落としたものです。 解像感に欠けます点、ご了承ください。

駆動装置の一部。フライホイール(はずみ車)はホーム下に隠れているのか、見えません。

▲▲
Shuttle Loop | HEADER

EXIT