サンダードルフィン 東京ドームシティアトラクションズ

data | movie | bottom


Course Guide 2006 〜 | Spring 2004

お知らせ
サンダードルフィンは、2010年12月5日の事故(ライドからボルトが落下しワンバウンドして、女児のわき腹に当たり軽傷)以来、営業を休止しています。 再開準備のための試験走行などは実施されているとのことです。 弊サイトといたしましては、原因の解明と安全対策を再構築し、一日でも早く営業再開できるよう応援しております。 またサンダードルフィンに乗れる日が来ることを楽しみにしております。

サンダードルフィンは2003年5月1日にオープンした、INTAMIN AG(インタミン)製のメガコースターです。 INTAMINメガコースターの国内初導入であり、まさに画期的でした。 場所は旧後楽園遊園地のコースターランドと呼ばれたエリアで、温泉とショッピングエリアの複合施設LaQua(ラクーア)、センターレス観覧車Big-O(ビッグ・オー)と共に、エリアごとのリニューアルオープンとなりました。 「メガコースター」の定義は曖昧ですが、INTAMINでは「巻き上げ高さ60m〜80m、速度100kmh超の大型キャメルバックコースター」を指すようです。 よってKingda-Kaやザターンのようなタイプは、メガコースターとは呼びません。 「巻き上げ高さ90m〜、速度150kmh前後」になると「ギガコースター」と呼ばれ、逆に規模の小さいものは「メガライト(Mega-Lite)」と呼ばれます。 メガライトは、東武動物公園のカワセミが該当します。

文京区役所や東京ドーム、ウインズ後楽園など都内中心部に現れる、その異様なまでのフォルムはインパクトも絶大です。 圧倒的な存在感を誇る銀色に輝くレール(オープン当時)、ミレニアムフォースを思わせる80度のファーストドロップと、センターレス観覧車Big-O(ビッグ・オー)をくぐるバンク90度以上のカーブ。 インタミン特有のトラス状軌道は「ねじれ具合」が強調されているようです。 絶叫マシンが好きならば、乗らすにはいられない。 入園料不要のフリーゲート制なので、都内に出かけて空き時間があれば、1〜2本乗ってくるか、という立地条件です。

ネーミングはイルカの曲芸(輪くぐり)をイメージしたものとされています。 直訳すると「雷いるか」。あるいはプリンスの曲名を無作為に並べたのだろうか。 コース設定は、鋭角な三角形の敷地を2周するレイアウトになっています 主な構成は、以下のとおりです。 第1辺で巻き上げ、ファーストドロップ、第2高点。 第2辺はラクーア屋上、第3辺はセカンドドロップと観覧車Big-O中心部の第3高点。ここまで1周目。 2周目は、第1辺で再びラクーア屋上に上昇、第2辺で屋上を経由して、第3辺の最終ドロップで終了となります。 このエリアは富士急ハイランドの第1駐車場よりもひとまわり狭く、第2辺を占めるラクーアは9階建てのビルであることから、 メガコースターとしては非常に難しい立地条件であるといえます。

2003年5月25日13:30頃の初搭乗レポートをベースに若干の加筆を行いました。

サンダードルフィン入り口は、何の変哲もない階段で、コースターの全貌も見渡せず、いささか拍子抜け。 がらんとしてるので「ラッキー、空いてるか?」と思えるのだが、3階まで上がると順番待ちスペースで、 それなりの行列を覚悟しておかなければならない(予想待ち時間表示あり)。 チケット販売機は、順番待ちの先にある。 続いてホームへの階段だが、その上にも順番待ちスペースあり。 i-mode予約者の「横入り」は散見される程度だが、列の進み具合が停滞したと感じるのは気のせいだろうか。 待ち時間は、予測値−5分程度というところ。 搭乗位置は係員に指定され、自由に選ぶことはできない。絶叫マシン好きなら押さえておきたい最前列、最後列は、残念ながら運任せとなる。

手荷物をホーム脇のロッカーに入れて、さあ搭乗だ。絶叫マシン好きなら、迷わず右側の席へ。 座席にはヘッドレストなど無く視界良好。お決まりのシートベルトは緩めに締めて、下半身のみを押さえるT字形安全バーを「少し浮かせるくらいに」おろす。 安全バーはこの位置で完全ロックされ、搭乗終了まで緩むこともなければ、締まることも無い(これは非常にポイントが高い、重力の影響で締まってくる機種も多い)。 上半身フリーで拘束感はなく、とてもいい感じだ。 ホームの先は、いきなり傾斜45.5度の巻き上げで、まさに「壁」である。 前方の席ならば、巻き上げ用のウインチが下りてきて、車両にカチリとロックされる様子がわかる。 ライドフォトの撮影場所は2箇所あり、スタート時に1枚目が撮影される。

静かにスタートした直後、巻き上げ開始だが、猛烈な急傾斜に驚く。傾斜45.5度は、並みのコースターの1stドロップなみ。おなじみのカタカタ音は皆無で、速やかに高度を稼いでいく。右側に整備用階段はなく、身を乗り出してみれば、ラクーア園内の客が豆粒のように遠ざかってゆく。 ラクーア・ビル越しに広がる街の景観を堪能しよう。素晴らしい都会のパノラマだ。 あれよあれよという間に高度80mのピークを越えて、さあ落下。両手両足万歳にて準備万端。

円弧状のピークを越し、少し時間を置いて落下点が見えてくる。 遥か地上に見える小さなレールに向かって真ッ逆さま。 実に滑らかで、心地良い内蔵浮上感。 これまで「真下に落ちるような」という表現を何度となく使ってきたが、まるで格が違う。 もちろん座席から腰が離れるが、浮き上がりを感じる暇もなく、思い切り引きずり落とされる。この落しは、FUJIYAMAあたりとは、かなり異なる印象だ。 落下地点はビル4階くらいの高度で「地面すれすれ」ではないのだが、そんなことを考える余裕もなく、9階建てラクーア屋上目指して駆け上がる。かなり高度を上げて120度右ターン。バンク角90度以上で、頭が完全に下を向くのだが、屋上であることから、高度感をダイレクトに実感できないのが惜しまれる。 それでも意識して覗き込めば、文教区役所横の礫川公園を見渡すことができる(右側の席限定)。

そのままラクーア屋上に下る。 銀色の金属棒を敷き詰めたようなものが波打っており、小さいアップダウンを、まずまずのスピードで駆け抜ける。 「浮くぞ!」と気合いを入れれば、浮上感があるかもしれないが、かなり微妙。 正面に東京スカイツリーが見える。 屋上の端に差し掛かると急上昇し、強烈な右バンク90度ターンを経て、壁の穴を突っ切り、セカンドドロップ。 ここの斜度も推定50度を超えるのだろうか、スピード感も最高。観覧車Big-Oが迫ってくる。再び上昇して右ターン。 またしても90度を越すバンクで、園内の展望も抜群。ガーデンの池と行き交う人々が、手に取るようだ。 覗き込めはタワーランド側もよく見える(右側の席限定)。 ちょうど通称?「大王くぐり」をクリアしたところだが、 「観覧車の直径が大きいので、あまり実感がない」と評価されている。 前を見ていると気付かないくらいだろう。

大王くぐりの急バンクから復帰するため、強めの左ヒネリを受けて、3rdドロップ。巻き上げ部分を併走する。 ここから園内2周目。トップスピードで小キャメルバックを駆け抜ける。 ここは背伸びバンザイで重心を高くしていれば、かなりの浮遊感がある。 逆に大人しく座っていたら、ほとんど浮かない。 そして1周目同様ラクーアビルを駆け上がり、屋上の角すれすれに急バンク右ターン。

屋上に滑り込むと、落ちていく場所は無く、ビル反対側までの水平移動。 原付バイク並みかそれ以下のスピード感で、奇妙な左右ロールを伴いながら、淡々と進む。 独特のカビくさい臭いが漂い、少し気になるところ。 反対側まで到達すると、右側に倒れ込むようにヒネリを加えてドロップ。 この突然の落とし込みは、右側の席なら、思わず振り落とされる感覚だ。 下りきると猛烈なスピードが戻り、気分が盛り上がったところで、悲しいかなブレーキゾーン。 無理のない減速で、駅舎前で停車。 ホームの車両が居なくなるのを待ち、バンクのない右急カーブを徐行して終了となる。

まとめ)
サンダードルフィンは国内初のINTAMINメガコースターで、都市と一体化した大きなアップダウンがあり、非常にダイナミックなコース設定です。 一方、乗り心地はかつてないほどの滑らかさで、急激なGの変化や振動など極力排されており、その快適さは芸術的と思えるほど。 コースター初心者の方にとっても、意外に楽に乗りこなせる優れたライドです。 健康であれば、高齢者でも問題ないでしょう。 ただ、INTAMINメガコースターの本来の持ち味は、広い敷地を優雅なカーブで駆け抜けて、スピード感と気持ちの良い浮きを楽しめること。 サンダードルフィンはそれらに比べると性格が異なり、世界的に見ても珍しいカスタムメイドのコースターです。 本来のスタイルのINTAMINメガコースターは、残念ながら未だ国内に導入されていません。 その他摘要については、項目別にまとめます。記事にダブリがあるかもしれませんが、ご容赦下さい。

ライド
露出度の高いライドであることに加え、後部座席の位置が高い (下手な絵) よって、2列目に搭乗しても、視点が高いことから、最前列を思わせる良好な視界となる。 また安全バーは「完全にロックされる」画期的な造りである。 これはドドンパのように身体を完全に固定することではなく、安全バーが固定されるのである。 例えば「少し浮かせ気味」の安全バーがプラスGで下がらず、最後までその位置にとどまっている。 例えばFUJIYAMAあたりと比べれば明らかだろう。 一方、不満があるとすれば、窮屈な足元。ドロップ時の浮上感に制約あり、こちらはFUJIYAMAに軍配。
巻き上げ
従来のようなチェーン巻き上げではなく、ウインチで引き上げる構造 (下手な絵) 巻き上げ機は地上に設置されており、その上をキャメルバックが走っている。
90度超バンク
一見、ヒネリの強いカーブだが、実際に乗ってみると、頭が下側に落ち込んでゆく。 「レール上を走る乗り物」とは思えない、とても不思議な感覚だ。 通過時間は長く、展望も非常に良い。しかし第2高点はラクーア屋上であり、高度感不足が惜しまれる限り。 サンダードルフィンは全て右カーブなので、右側の席をお薦めする。
ラクーア屋上
このコースターのレイアウトを難しくしているのは、敷地の一角を占める9階建てのラクーア・ビル。 ここを2度も通過するのは、厳しい設計制約であることに違いなく、特に2度目の通過は、物理的にギリギリであると感じられる。 気温が低いと、止まってしまうのではと思えるほど低速なこともある。 ここの演出に苦労の跡が伺えるが「なんじゃこりゃ」な印象も否めない(実際、そう言ってる客がいた)。 いっそうのこと、ストレートな緩斜面にして、加速をつけながら最終ひねりドロップに突入するのが良かったのではないかと思われます。
3つの「約」
高度約80m、速度約130km/h、斜度約80度。正確な値はライドフォトを購入すれば、明らかになるらしい。 筆者は未購入なので、あえて掲載しない。高度は数字よりも若干プラスらしい。 不思議に思えるのは、巻き上げ終了前に振り返ると、タワーハッカー最高到達点80mが、かなり下に見えること。 高度とは、一体何を基準にしているのだろう? 速度は残念ながら、若干マイナス。落差の関係でFUJIYAMAに並ぶのは無理みたい。 斜度については「若干マイナス」では済まされない。 ウルトラツイスター(営業終了)の斜度85度(ほとんど垂直)に比べると、かなり緩く見えるのだが、やはりそうなのである。 しかも、那須ハイランドパークのビッグバーンコースターと順位が逆転する(実質74度とされる)。この事実は無視できない。
最終ブレーキ
最後のドロップは、並みのコースターのファーストドロップ以上であり、正確な速度は不明だが、そのままカワセミなど1km級のコースを軽く走れそうである(ああ、もったいない)。 そこを急ブレーキで、ほぼダメージ無しで綺麗に停止する。 おそらくリニアモーターの仕組みを使っており、オープン時も「次世代ブレーキ」として宣伝されていた。
▲▲

Thunder Dolphin DATA
項目 備考
コース全長 1066.8 m
最高時速 130 km/h FUJIYAMAなみ?
最高地上高度 80 m タワーハッカーなみ?
最大落差 66.5 m
最大斜度 80 度 ミレニアム・フォースなみ?
最大バンク角度 110 度 未確認データ
回転数 0
最大G N/A G
運転時間 N/A 分秒
乗車定員 24 人 4人乗り×6両
巻き上げ角度 45.5 度 当時は世界一
騒音 79dB 日本一静かなコースターでしょう。コースター自体の発する音は、周辺道路よりも静かです。
料金 1回 1000円 子供料金設定無し。当初フリーパスは無く、これのお世話になっていたが、2003年7月1日からフリーパスが導入された。
設計・施工 Intamin AG Ingenieur Büro Stengel(設計)
※データはrcdbおよびオフィシャルサイトを参考にしました。

乗車制限: 身長130cm 〜 8歳 〜
(詳細および最新情報は、オフィシャルサイトまたは現地にてご確認下さい。)

▲▲

EXIT