Lineargale 東京ドームシティ (固有機種)

ride report | data | bottom

このアトラクションは、2010年10月31日をもちまして営業終了しました。
「85度落下&きりもみ回転」の名物マシン「ウルトラツイスター」を営業終了し、その跡地にオープンしたのが、「リニアゲイル」である。 U字形のシンプルなコースで、両端は垂直にそそり立つレールという、異様なまでの風貌だ。 オープンは1998年、 INTAMIN AG製のImpulse Coasterとしては世界初で、 最高部は50mとされている。 2人乗りリフト12列のインバーテッド・コースターで、U字形のコースを時速100kmで疾走、往復する。 動力はリニアモーター(マシン名の由来にもなっている)。 前進での登りは3回、逆進での登りは2回、計2.5往復だ。 しかし、コースターは垂直部分を登りきっておらず、上部の1/3くらい余っていそうだし、実はそれほど怖くないのでは、とさえ思えてしまう(皆様、いかがです?)。 何はともあれ乗ってみるしかない。


Photo Gallery 〜2009
〜2009年春撮影の写真です。

搭乗レポート)
まずは最前列。安全バーを降ろし、補助シートベルトを装着して、必要に応じて靴を脱ぐ。 床が降下しカウントダウンで前進スタートだ。キィィーッという嫌な音を立てて急発進。 でも、なんだか半端なスピードである。垂直部分に入っても、少し登る程度かなぁ。 そう、宣伝文句などで見られる「発車するや否や、瞬時に時速100kmまで加速」は明らかに大袈裟。 これは前振り、イントロダクション。 後退で駅舎を抜けると、ぐっと加速して急上昇。搬器が真下を向くが、それでも高度感は今一つ。 前進で加速。いよいよ最高速に達して、天に向かって一気に上昇。ぽーん!と放り上げられる感じかな、滞空時間がとても長いです。 最高地点での浮遊感を味わえるのは、最前列の特権かな。 左手を見ると、スカイフラワーや東京ドームホテルが「真横に」並んでいるのがよく分かる。 背面から風を感じながら、気持ちよく落下。 そのまま逆進し、加速して上昇。高さはそれ程でもないが、視界を遮るものは何もない。 歩道、路面やクルマの屋根が真っ正面に見え、地面に激突しそうなまでの降下。 そしてもう一度、前方の頂点を極め、背面落下を楽しんで急停止し、終了となる。

今度は最後列だ。はっきり言って、前進3回の登りはつまらない。 特に最初の1回は全く登らない。勝負所は、後方2回の急上昇。 逆進、急加速で上昇すると、真っ正面の地面が猛烈な勢いで遠ざかっていく。 手足の力を抜いて、ブラブラ垂れていると、「私は一体どこに行くのー」という、おばかな快楽に酔いしれることが出来る。 高度感は最前列とは桁違いで、街行く人が豆粒のようだ。 「ねえねえ、おねいさん、こっち、こっち」と言いたいところだが、誰も見上げてはくれない。 せっかくのインバーテッドなんだから、足元を覗き込んでみよう。水道橋駅方面の展望が格別である。 いよいよ最高高度からの贅沢な落下。目を見開き、万歳ポーズでバッチリ決めよう。

まとめ)
オープン当時は、足ブラ垂直落下の怖すぎるマシンとして話題になった。 後発のTwisted Impulse Coaster(前方タワーがツイスト状によじれていて、最高速度もプラス10km/hほど)に比べるとスペック的に見劣りするが、 国内唯一のImpulse Coasterである。 名機「シャトルループ」の良いとこ盗りマシン、と言いたいところだが、 インバーテッドなので、視界はあまり良くない。 しかも、当初よりも速度が遅くなったらしい。 今思えば、ウルトラツイスターの方が面白かった、との声も聞こえてきそうである。

残念ながら人気は伸び悩み、稼働率も高くないようだ。 フリーゲート制であることも影響しているかもしれない。 立ち寄り客は、まずサンダードルフィンに流れてしまうと思われる。 そして「楽しかった〜、もう1回サンドル乗ってくか」となり、退場。 リニアゲイル利用者は、フリーパス購入者(おそらく少数派)になりそうだ。 例えば「絶叫3点チケット」(サンドル・タワーハッカー・リニアゲイル各1回で1200円くらい)のような設定があれば、稼働率が上がると思われるが、いかがでしょう。 タワーハッカーやスカイフラワーとセットで楽しめば、気分は「大都会の落下人」。 時間が取れるならフリーパスを購入し、徹底的に乗り倒すことをお薦めする。

後楽園時代の公式パンフレットから。
黒い柱の少し上までしか登らんです。

▲▲

DATA
項目 備考
最高地上高度 50m 公称値はレールの高さ。実際は、40mも上昇していないようだ。最前列と最後列以外はさらに低くなる。
最高時速 100km/h 往復しながら加速するので、シャトルループほどの急発進ではない。
最大斜度 90度 正真正銘の90度です。
最大G Sorry 水平走行から上空を目指してターンするとき、心地よいGを堪能できる。
軌道延長 片道約200m 往復を繰り返すので、走行距離は800mくらいまで伸びると推測される。
運転時間 Sorry
Maker Intamin AG

乗車制限)
身長130cm未満、10歳未満。ペースメーカーなど磁気に弱い装置をお使いの方、骨折なさっている方など。
後楽園ゆうえんち時代のことであるが、「妊娠中の方」の記載が見当たらなかった。まさかと思って係員の方に尋ねてみると、「営業上は妊娠中の方でも良いことになっています。もちろん重力はかかりますが...」とのこと。現在は制限されている。

▲▲

EXIT