そのほかのマシン 東京ディズニーランド

data | movie | bottom

ビッグサンダーマウンテン
TDLを代表する屋外ローラーコースター。 スペック上の見所はないが、岩山や洞窟(どちらも模造)すれすれに走るので、数字以上のスピード感はある。 大きな落しはあまり無く、緩い下り坂をぐるぐる回るコースが多い。 コース全長に対する高低差不足を補うため、巻き上げは3箇所。 しかし絶対的な高度不足と緩慢なアップダウンゆえに3度目の巻上げでは、 先頭付近に乗ってしまうと、巻き上げが終わる前に坂を下りきり、大いにガッカリさせられる。 大したことないマシンだが、それでも満足感を得られるのは、スピード演出の上手さによる。 スペックだけでコースターを語れない好例であることに違いはない。
スペースマウンテン
宇宙空間を模した屋内コースター。 イルミネーションの美しさは、さすがディズニーというところ。 建物の中の限られた空間を、3段階に分けて登っていく。 登りきったと思ったら、またチェーンが現れて、更に巻き上げられてと、とても高いところに連れてこられたように錯覚する。 コースは直線と急バンクカーブの組み合わせ。 緩い下り坂をぐるぐる回っているだけだが、ほどほどのスピード感はある。 落しは皆無だが、1kmを越える長さがあるので、それなりに評価できるだろう。
ガジェットのゴーコースター
トゥーンタウンの小規模コースター。 小さいながらファーストドロップや急バンクカーブなどがあり、コースターとしての体裁は成している。 このコースターはTDLオリジナルではなく、Vekoma社のスタンダードマシンとのことである。

▲▲

EXIT