Galaxy Racer
Venus GP スペースワールド

photo | report | data | movie | bottom

コースターの神様 アントン・シュワルツコフ氏(Anton Schwarzkopf)の手によるコースターで、オープンは1996年。 スペースワールドのシンボルになっているスペースシャトル(ディスカバリー号)模型と絡み合うレイアウトです。 独特のカーブを描く落し(シュワルツコフ カーブ)、通常コースターとしては国内最大級(直径23m)の垂直ループ、 95度バンクターン、地面に頭を擦りそうな水平ループなど、強い個性を持つコースターです。 2006年12月にリフレッシュ工事が行われ、12/21にヴィーナスグランプリとして新装プレ・オープンしました(完全オープンは2007年1月下旬)。 従来の淡い色彩から、主張のある濃い色に変更され、新たな出発となりました。


Photo Report 31 Dec 2006
2006年 大晦日撮影の写真です。

駅舎に入ると、スロープを登り乗車ホームを越えて、反対側に回り込む。 ホームに下りると、希望する乗車位置に並ぶ「分離待ち方式」が採用されている。 人気の先頭車両やスリリングな後部座席も、待てば必ず乗車できるシステムになっている。 荷物は原則ライドに持込み。 なので壊れやすいものや大きなものはロッカーに入れておいたほうが良い。 ライドには珍しいタイプのショルダーハーネスあり、小型なので圧迫感はないが、 万歳したくても思うように腕が上がらないのが残念だ。 ハーネスのロックを乗客自身にチェックさせるのも珍しい(時間短縮に効果ありそう)。

ヴィーナスグランプリは金星で開催されるレース。 この推進システムは、 パイロット(乗客)の「ノリ」の良さ(掛け声の大きさ)が好タイムを出す秘訣とされている。 本来は「ナス!」(VE-NUSのNUSと思われる)と叫ばせるのだが、 乗客に理解されにくいようで、「声が小さい」と何度かやり直しさせられた。 なので筆者はこのコースターを通称「ナスビ(NUSVE)」と呼んだが、こちらも家族にあまり理解されなかったようだ。 さすがに夜になるとカウントダウンイベントで大混雑(90分以上待ち)。 やり直しする時間もないので、Ready "GO!" で済ませていた。

タイムトライヤルなので、実際にタイムを計測している。 巻き上げ直後からブレーキゾーン直前までで、標準タイムは50秒台のようである。 なお、「ノリ」の良さをタイムに反映させるには、巻き上げ開放時の初速度を微調整することになると思うが、 実際の運用については分からなかった。

巻上げが始まると、左手にスペースシャトルと複雑なコース、右手にJR鹿児島本線と都市高速が見える。 「宇宙がテーマなのに線路や高速道路なんて」と気にする人は気にするかもしれないが、筆者は特に問題にしない。 もっとも「ヴィーナスグランプリ地球代表選考会」なので、ビルや鉄道が見えても破綻しないと思うのだが。 最高地点(地上40m)に到達しても、スペースシャトルの先端ははるか頭上。ホントにデカいです。

巻上げが終わると平坦なコースを左カーブし、シャトルの背中に回りこむような1stドロップ。 高度の半分くらいしか落ちていかないことから、そこそこのスピード感で、まぁ普通の落としというところ。 左にひねりながら登り返し、そのまま左ひねり落し。 今度は地面付近までの、ダイナミックなシュワルツコフ カーブだ。 左側の席なら、空中を舞うよな落しを楽しめる。 着地すると、そのまま垂直ループに入る。 ループ径が大きいので、いきなり強いGがかかることもなく、爽快なまでに転地逆転していく。 通過時間はとても長く、海外の大型アクション系コースターに引けをとらない。 地面が迫り、プラスGに襲われると、その先には複雑に絡み合ったレールが見えてくる。 ここまでは、いわば序盤戦で、お楽しみはこれからなのだ。

大きな右旋回を抜けて、落とし穴をくぐり、連続左ブーメランターン。 ほぼ垂直(オーバーハング気味)のバンクだが、畳み掛けるように通過し、 それをあまり意識することはない。 常に継続するプラスGをこらえるだけである。 そしてまた水平ループへ。

終盤のクライマックスは、地面すれすれの水平ループ。 最初は右旋回。 地面の小石や芝生の目が見えるほど地面に接近し、本当に頭を擦りそうだ。 もちろん右側の席がお薦め。 水平ループを上ると、今度は左旋回で地面すれすれ水平ループ。 両方の席で楽しめる、粋なサービスだ(スピード感は右側に軍配)。 ループを抜けると直線コースになり、ゴールのゲートをくぐるとブレーキゾーンで、終了です。

まとめ)
最後まで続くスピード感と緊張感。 見せ場もたっぷり用意され、絶妙な設計といえるでしょう。 メンテナンスが効いているのか、乗り心地も非常に滑らかです。 国内屈指の名作マシンであることに間違いはありません。 ただ、コース全般にプラスGが続くので、意外に体力を消耗します。 言い換えると、浮きを感じるシーンは少ないです。 独特の耳障りな走行音に、搭乗拒否する初心者続出かも?

▲▲

DATA
項目 備考
最高地上高度 40m
最高時速 86km/h 数字以上のスピード感を楽しめます。
最大斜度 60度
最大G 5.2G 比較的大きな値であると思います。
軌道延長 1040m
運転時間 2分15秒
定員 24名 2人乗り車両の12両連結です。
制作 Maurer Söhne 設計は Ingenieur Büro Stengel GmbH

乗車制限)
身長120cm 〜

Venous GP onride rear seat
Venous GP onride front seat (night view)

Venous GP offride (starting night view)
Venous GP offride (vertical loop night view)

Hanabi at 31 Dec 2006 part 1
Hanabi at 31 Dec 2006 part 2

▲▲

EXIT