Steel Dragon 2000 ナガシマスパーランド

data | movie | bottom

スチールドラゴン2000は、2000年8月1日にオープンした、世界最大級のローラーコースター。 一足先(2000年5月13日)にオープンした世界最速コースター、Millennium Force (Cedar Point) の記録を3ヶ月足らずで更新する。 最速記録は約1年半後、ドドンパ(富士急ハイランド、2001年12月オープン)に明け渡すものの、 スチールドラゴン2000を上回る速度記録は、全てリニア加速(ドドンパはエアランチ式)であることから、 巻き上げ式コースターとしての最速ステータスは、揺るぎないものになっている。 ネーミングは、2000年・辰年に因む。


Course Guide 2007 〜 Part1
スチールドラゴン2000 総力特集 その1


Course Guide 2007 〜 Part2
スチールドラゴン2000 総力特集 その2

スチールドラゴン2000には、以下のとおり前身機がオープンしている。
Wild Thing (Valleyfair!) 1996 / Steel Force (Dorney Park & Wildwater Kingdom) 1997 / Mamba (Worlds of Fun) 1998
スチールドラゴン2000は、これらを大きく上回る規模であるが、残念ながら、後継機は造られていないようだ。 国内のライバル機は、 FUJIYAMA(富士急ハイランド) だが、コンセプトは根本的に異なる。 トリッキーで目まぐるしいFUJIYAMAに比べで、スチールドラゴン2000は、おおらかで雄大だ。 レイアウトは タイタンV(スペースワールド) に似ているものの、こちらも別物とと捉えるべきである。

ライドは、2人×3列、6両編成の、計36人乗り。 ローラーコースターとしては大型であり、ゆったりと安定した動きが特色だ。 安全装置はシートベルトと膝あてのみで、座席・足元ともに広いが、 シートベルトは巻き取り式で、左右前後の壁も高く、開放感はいまひとつ。 逆に、コースターに不慣れな方にとっては、安心して乗れるのではないだろうか。

ナガシマスパーランドでは、改札入場順後であれば、自由に選ぶことができる。 あの「忌々しい」スタッフによる座席指定は無し。 これは、このパークの大きなアドバンテージである。 ただし分離待ち方式ではないので、人気の最前列は競争率が高く、運任せ(確率1/18)となる。

2003年8月23日、車輪の大半を脱落させる事故が発生。多くの負傷者を出す。 原因は、整備業者が「本来取り付けるべきでないワッシャーを、車輪に取り付けた」こととされる。 それ以前にも、ボルト脱落などの前兆があったと言われるが、詳しい原因を調べず営業を続けたことで、重大事故につながった。 約3年後の2006年9月2日に営業再開した。

DATA
項目 備考
最高地上高度 97m 巻き上げ式コースターでは、世界最大。
落差 93.5m 巻き上げ式コースターでは、世界最大。
最高時速 152.9km/h 巻き上げ式コースターでは、世界最速。
第2高点高度 76.8m FUJIYAMAに迫る高度。
第3高点高度 64m TITANよりも高い。
最大斜度 68度 もう少しだけ、頑張ってほしかったかなぁ。
最大G 3.5G
軌道延長 2479m 世界最長。ブレーキゾーンから駅舎までが、意外に長いですかね。
運転時間 4:00
制作 D.H. Morgan 設計は Steve Okamoto

乗車制限: 身長120cm 〜 年齢10歳 〜
(詳細および最新情報は、オフィシャルサイトまたは現地にてご確認下さい。)

▲▲

EXIT