ナガシマスパーランド 乗り物紹介

Park index | bottom

ナガシマスパーランド(ナガスパ)は、 木曽川と揖斐川の河口にある長島温泉に併設された遊園地。 その特色は充実した絶叫マシン群で、国内では富士急ハイランドと双璧をなしています。 目玉は世界的にも有名なギガコースター「スチールドラゴン2000」。 そして国内最大の木製コースター「ホワイトサイクロン」というところでしょうか。 その他のマシンは中小規模になりますが、往年の名機たちが揃っています。 かつて一世を風靡したシャトルループ、コークスクリュー、フリーフォールなどのマシン群を、 まるで博物館のように渡り歩いて楽しめます。 そしてアフターは温泉「湯あみの島」で決まり。遊園地利用者は500円と、たいへんお得です。

スチールドラゴン2000
巻き上げ式コースターでは世界最大。 速度、高度でこれを上回るコースターは、全てアクセラレータ方式だ。 97mの高さから落差93.5mを駆け下りて、時速153キロに達する。 1st、2ndの、とにかくデカいドロップ。 スピード感あふれる8の字コース。 浮きまくりの連続キャメルバック。 全般に、おおらかなコース設定ながら、圧倒的な高さと速度では他を寄せつけない。 特にすごいのは、後ろの席でも「涙が飛び散る」風圧があること。 これを味わえるのは国内では「バンデット」後半の大落し(ただし最前列限定)だけと思う。 「ドドンパ」「フジヤマ」「ええじゃないか」「サンダードルフィン」で味わえないことについては、考察の必要がありそう。 ちなみに前の席では、小虫がぶつかってきて難儀した。メーカーはMorgan。 movie
ホワイトサイクロン
日本最大の木製コースター。 名前のとおり真っ白なカラーで、優雅な曲線美に萌える。 しかしスペックは硬派で、最高速度100km/hを超える。 浮き具合、引きずり込み、スピード感もバッチリのキャメルバック。 特に最前列では、思わず立ち上がってしまうほどの浮き。 一方で、ゴツゴツと突き上げるような旋回コースは評価が分かれている。 INTAMIN製のマシンだが旧タイプなので、振動は仕方ないようだ。 5回連続で乗ると頭痛を感じたので、このあたりが限界かもしれない。 夜のライトアップは幻想的で美しく、でも大抵は営業終了時刻を過ぎている。 これに乗るには、夜間営業イベントなどを狙わなければならなさそうだ。 movie
ジャイアントフリスビー
非コースター系メーカーHUSSによる大型絶叫マシン。 富士急ハイランドの「トンデミーナ」と同型機で、オープンもほぼ同時期だった。 感想は富士急のコーナーに書いたけど、120度の大振幅は迫力満点。 爽快な風を受けながら、まっさかさまな園内展望に酔いしれる。 スチドラの1stドロップ、落ちてるなぁ、などなど。 搭乗時間は、意外に長い。 そして、終了が近づき高度が下がってくると、今度は軽い「乗り物酔い」。 なので連続乗りは控えてます。 movie
スペースショット
S&S Powerによる、垂直タワー打ち上げ型のマシン。 ライドは12人乗りで、床も囲いも無い、全身むき出し状態。 エアランチによる爆発的な打ち上げはインパクト抜群で、頂上に達すると爽快に浮き上がる。 そして急降下。あとはバウンドしながら、徐々に高度を下げていく。 以前は、個人的には酔いを感じたのだが、ある時期を境に何ともなくなった。謎である。 設置面積が小さいことから、各地のパークで営業しているが、標準高度は60m。 それに対してナガスパでは75mもあり、しかも3台連結で、壮観の一言。 スチドラが登場するまでは圧倒的な高さであり、非日常感を存分に味わうことができた。 もちろん今でも眺望絶佳です。 movie
ルーピングスター
アントン・シュアワルツコフ氏が手がけたコースター。 ヴィーナス(スペースワールド)の前身といえるだろう。 よじれながらのファーストドロップ(シュワルツコフ・カーブと呼ばれる)、大き目の垂直ループ、そして急バンクのカーブが連続する。 特にファーストドロップは見かけも一癖あるが、実際、引きずり込まれるような感覚だ。 特に後ろの席なら振り落とされるようなスリルがある。 そして垂直ループで畳みかける。 後半にも地面に迫る旋回あり、トリッキーな動きをする。 ライドはスチドラのように深めだが、ショルダーハーネス無しはポイント高い。 気温の影響を受けやすいようで、冬の朝一などスピードが出ず、カーブの内側に落ちそうになるのを必死で堪えるようなスリルあり。 逆に暖かい時はスピードを抑えるため乗車人数制限をしていることもある。 季節や天候によって乗り味が大きく変わる点、奥深く楽しめそうだ。 残念なのは、錆びや油汚れの目立つ外観。 それでも垂直ループにはイルミネーションを装備し、がんばってます。 movie
シャトルループ
アントン・シュアワルツコフ氏が手がけた歴史的な名機。 1970年代終盤に登場した、 元祖アクセラレータ方式のコースターで、いきなり90km/hくらいに加速して垂直ループ。 そして高さ40mほどの前方タワーを登りきり、速度がゼロになったらバックドロップ。 そのまま垂直ループを逆走し、ホームを抜けて後方タワー。 再び前向きにドロップするとブレーキが掛かって終了。 さすがに「ドドンパ」の爆発的な加速と比べてはならないが、 非日常体験としては十分であり、決して古びることはないと思う。 最前列ではスタートダッシュと前方タワーの最高点を楽しむことができ、 最後列では後方タワーの斜度感、高度感をフルに味わえる。 両方一度に味わえないのは往復型コースターの宿命だが、 乗車位置を自由に選べるので、空いているなら、どちらも体験しておきたい。 シャトルループは、国内では、ここと「としまえん」にしか残っていません。 movie
コークスクリュー
Arrow 社による2連続スクリュー回転コースター。 同社製のコースターは米国を中心に、7回転、8回転仕様のものが作られ、スクリュー回転が現れたら「そろそろ終わり」だったりする。 だから「あまりに短いコークスクリュー」と思われるかもしれない。 しかし、侮ってはならない。規模に見合わず強烈なのだ。 巻上げが終わると、数メートル下って右180度ターン。 スピードがない割には、異様なバンクがついている。 もっとも、ハーネスに押さえられて「落ちそう」なんてこともなく、あまり意味なさそう。 でも、ストレートにドカンと落とす1stドロップはGOODですよ。 再び180度右ターンして、スクリュー回転2連続。 地面に近い低さで、強引に回されるので、かなりハード。 ねじれた重力が、すごい。抜けると、もう終わり。 「としまえん」にも同じレイアウトのコースターがある。 コース上には樹木が多く配置され、どことなく寂れた雰囲気もあわせて「としまえん」に似ている。 movie
ウルトラツイスター
トーゴ制作の、トリッキーな名機。旧「後楽園ゆうえんち」で営業終了してから、関東では乗れなくなった。 6人乗りライドに乗り込みハーネスを下ろすと、後ろ向きに動き出す。 そして垂直に立ち上がり、天に向かって巻き上げ。 登りきると、高さは程々ながら、85度の急降下。ふわりとした、軽やかな落しだ。 そしてキャメルバック。お尻がシートから飛び上がっている。 そして右渦巻きのハートラインロール。 なんとも不思議な感覚。 少し登って一旦停止し、スイッチバックで後進。 今度は2連続ハートラインロールでノックアウトされてしまう。 たいへん濃い動きのマシンだが、最大の特長は「完全な」ハートラインロール。 乗客の左右真横にあるレールと、機械工学の粋を極めたライドデザインにより、 不快なGの無い、きれいなハートラインロールを堪能できる。 ただ、一旦停止のブレーキが乱暴すぎて、残念。 それでも「ええじゃないか」を思わせるハイテクマシン。末永く走り続けてほしい。 movie
フリーフォール
INTAMIN AGによる第1世代の垂直落下マシン。 近年のタワー型とは異なり、ライドは重厚な箱型で座席も狭く、足元にはメッシュ状の「床」がある。 乗り込めば、目前に鎮座する別ライドの無骨な背面。 陰気な金属音をガシガシ響かせながら動きだす。 上昇速度は速く、ブレーキが掛かると少し浮く。 高度40mは、今となっては何も感じなくなったなぁ。 前にせり出して、突然落下。その落としは、タワー型とは別物であることがわかる。 ふわっとした落しではなく、ずしりとした落し。 床があるせいか、足は上がらない。 天を仰いでブレーキゾーン。ここで着地した(終わった)んだなぁと気付く。 そしてスイッチバックでホームに戻る。 この独特の動きが、かえって新鮮だ。 垂直落下部にブレーキが無いことから、時速90キロに達する実力を持つ。 movie
シュートザシュート
約30mの高さから40度の角度で水面に突っ込む、水ものコースター。 その水しぶきは軽く10mを超えるので、乗客はずぶ濡れになる。 困るなら、ポンチョ100円也を購入すべし。決して悪い買い物ではないはずだ。 横4列のライドに乗り込むと、床やシートはビショ濡れで、うかつに座るとパンツまで染み込む。 乗り込む前に、ポンチョでしっかりガードしよう。靴も忘れずにガードしておきたい。 最初はプカプカのんびり流れて巻き上げに入る。 登りきると、中堅コースター並みの高さにいる自分に気付く。 180度転回して落し込み。程好い斜面を滑らかに下っていく。 思わず万歳していると、着水時に安全バーで胸を打ってしまった。不覚。 もし余裕があるなら、真上を見上げていただきたい。 壮大な水の壁が、全天を覆う。 青空の下、巨大な水柱は白く輝き、あまりの美しさに背筋がゾクゾクするほど。 そして次の瞬間、大量の水が滝のように降り注ぐ。 水圧はずしりと重く、雨具無しでは水中に落ちたのと同じ。 夏場なら濡れてみるのも一興だ。 富士急ハイランドの「グレートザブーン」と同じです。 (写真撮影時は残念ながら運休)
ボブカート
メタリックなボブスレー状チューブを走る電動カート。 手動のアクセルのみで、シンプルに操作できる。 コースは、バンク自由な急カーブと、小キャメルバックの連続。 もちろんスロット全開でOK。 さすがに浮かないけど、バンクの振れが大きく、なかなか楽しいっす。 片手がふさがるので、乗り撮りはしなかったけど。 コースは2種類あるが、乗った当日はホーム左側コースのみの営業だった。 スチドラ出口から近いので、空いているなら気分転換にお薦めだ。
ご注意)
このコーナーには、コースター搭乗中の画像が掲載されています。撮影には大小さまざまな危険を伴います。例えばカメラ等を落下させますと、人身事故など取り返しのつかない事態になりうることを認識ください。 決して真似をなさらぬよう、よろしくご理解をお願い申し上げます。
▲▲

EXIT