Aqua Wind ラグナシア

data | movie | bottom


Course Guide 2010 〜

アクア・ウインドは、シュワルツコフの後継とされる独ゲルストゥラウァー社(Gerstlauer Amusement Rides GmbH)製コースターで、2004年4月24日にオープンしました。 ゲルストゥラウァーの手がけるコースターとしては本邦初登場で、デザインは Ingenieur Büro Stengel GmbH とくれば、期待せずにはいられません。 規模は小さいですが、このクラスでは国内屈指の傑作マシンです。

ライドは4人乗りの1両トロッコで、足元の安全バーと簡単なシートベルトのみの開放感のある構造になっています。3台前後で同時運行しているようです。

コース概要は次のとおり。
巻き上げ → 左カーブ落し(シュワルツコフ・ドロップ)で、最高速まで一気に加速 → 登り返して、3連続マウスターン → 右回り急バンク・スパイラル下降 → 左回りスパイラル上昇(この部分は屋内で、非常に暗い) → ストレートなドロップ → 急バンク左ターン → 跳ねるような小キャメルバック → ブレーキ(終了)。

絶対的な高さ・長さ・スピードは期待できませんが、 実際に乗ってみれば、息をもつかせぬ濃密なスリルと快楽に歓喜すること、間違いありません。 ごく限られた位置エネルギーを存分に使っても、まだまだ余力を持って終了するなど、 素晴らしいコースレイアウトは賞賛に値します。 スペックは低くとも、真に面白いコースターを設置できるという、良い見本です。 国内メーカーやパーク関係者には、いまいちど奮起願いたいと思います。

このコースターに対抗しうるマシンは、首都圏ではクレイジー・マウス(東武動物公園・TOGO)、 スピードボブスレー(那須ハイランドパーク・Schwarzkopf + Ingenieur Büro Stengel)ですが、非常に残念ながら、どちらも廃止されています。 特に後者は貴重なシュワルツコフ製だったにもかかわらず、2004年にパニックドライブなる普通のマウス系(三精輸送機)にリプレイスされてしまいました。 ゲルストゥラウァー社にはEuro Fighterなる異形の名物シリーズがありますが、2011年夏に富士急ハイランドに導入されます。

▲▲

Aqua Wind DATA
項目 備考
コース全長 380 m
最高時速 55 km/h
最高地上高度 15 m
最大落差 N/A m
最大斜度 N/A 度
最大バンク角度 N/A 度 70度以上はありそうです
回転数 0
最大G N/A G
運転時間 約 1分20秒
乗車定員 4 人 2名×2列×1両
設計・施工 Gerstlauer 設計は Ingenieur Büro Stengel
※データはrcdb, 絶叫Review およびオフィシャルサイトを参考にしました。

乗車制限: 身長130cm 〜 (110cm以上130cm未満は、18歳以上の保護者同伴)
(詳細および最新情報は、オフィシャルサイトまたは現地にてご確認下さい。)

▲▲

EXIT