スカイコースター
バードマン
城島高原パーク Experience

バードマン | movie | bottom

日本には3つしかないとされるスカイコースター「バードマン」にご案内します。
残り2機種(2011年現在・営業中)のうちのひとつは、愛知県の南知多グリーンバレイ「スカイコースター」。
もうひとつは宮城県の仙台ハイランド「横バンジー」を指すようです。

バードマン全景、バックの木製コースターはジュピター、手前はポセイドン30の駅舎

この日は厳冬期のさなか。
比較的穏やかながら低温の影響で、ジュピターは終日運休。
パークも非常に空いていて、バードマンの利用者も、まばら。
一人の係員が他のアトラクを掛け持ちしながら運行していた。

物好きな一行がチェックインしています

レトロな自販機(10円もOK、新1000円札使えますって、いつのこと?)

料金は、1人2000円、2人1600円/人、3人1300円/人、学生2人以上1000円/人

とりあえず、敷地内に入ってみる

お立ち台のようなステージあり

上空にそびえるタワー

見上げると、首が痛くなるほどの高度感あり

フック付きのワイヤーが下がっている

間近に見えるジュピター(残念、運休中)

カメラのフレームには収まらない

脈打つようなキャメルバック

手前のケーブルを使って巻き上げられる

フック部分をズーム

巻き上げ用のウインチ

ウインチを、別アングルから

ブレーキ

乗客が、この輪っかをつかんで、停止させるそうです。

乗客が着用するハーネス(3人前)

先の物好きな一行が装着しています

装着を終えると、ステージの上へ

手元の「棒」に着目下さい。

スタッフとともに搭乗し、

ゆっくりと上昇し、フックにハーネスを接続します

ここで「棒」を足元に下ろして、その上に立ちます。
右側の乗客が、腰元のレバーを右手で引いてスタート、との説明を受けます。

ステージが降下し始めると、いきなりガクンと横倒しになります(びっくりポイント)

スタンバイ

巻き上げ開始

後方に引かれながら、ぐんぐん高度を増します

バックは由布岳

更に高度を増して、

あっという間に頂上

視覚的には、高度感をダイレクトに味わえる

カウントダウン。Three, Two, One, Fly ...

ちょっと溜めて、レバーを引く

一瞬だけ自由落下しているようだ(あまり実感はないが)


風を切って、気持ち良いです

機械的な力の加わらない、滑らかで自然な加速が絶品だ。
「地面に向かって堕ちる、叩きつけられる」という感覚ではなく、猛スピードで駆け抜けていく感じ。

万歳しようとしたけど、、、

あっという間に反対側へ

月が昇りました

ジュピター側の最高到達点

1往復終えた段階での、最高到達点


振り子運動5回目を終えたところで、ブレーキを握るよう指示されます。

ブレーキを捕まえたが、、、、

すっぽ抜けて失敗、、、

回転しながら、成り行きに身を任せるしかない。

ようやく停止

ステージに降り立って、終了です。

▲▲
バードマン | HEADER

EXIT