鉄骨番長 富士急ハイランド

data | movie | bottom


Course Guide 2009 〜

鉄骨番長は、2009年7月18日、凄腕の跡地にオープンした回転ブランコ型ライドである。動きはワイヤーで吊るされた椅子(2人乗り×12台)が、ぐるぐると水平回転するだけのシンプルなもの。しかし、回転半径は28m、速度51kmh、そして高度47mに達するスケールだ。並みのコースターよりも高い位置で、小さく不安定な椅子から見下ろす風景は、まさに絶品。とにかくハンパではない高度感である。そして身体一つで風を切る爽快感は最高だ。風があれば、ライドの動きは更に不安定になり、少々怖い。すなわち、「上空強風でFUJIYAMAが運休する」コンディションこそ絶好なのかもしれない(鉄骨番長が止まってしまったら元も子もないが)。

搭乗中、頂上まで2回ほど上下するが、落としこみのような内臓浮上感はなく、むしろ常に高い所で回り続けているような感じである。アニメ「アルプスの少女ハイジ」オープニングのシーンを地で行くかのようである。ライドのコンセプトは「工事中」であり、入り口には「危」「絶叫第一」など表示されている。そしてテーマ曲「鉄骨番長・鉄骨番長・グングン・グルグル・グングン・グルグル」がリピートしている。ワイヤーに装着された安全バーの錘(水色のプラスチック)は、打ち鳴らせばカスタネットのような音がする。「鉄骨番長・鉄骨番長〜」に合わせてカチカチ鳴らす人も多い。

ナガシマスパに同型機が出来るという噂があるが、事実関係は未確認。

▲▲

Tekkotsu Bancho DATA
項目 備考
タワー高さ 59 m
回転部最高到達地点 52 m
ゴンドラ最高到達地点 47 m
最大回転直径 28 m
最高時速 51 km/h
運転時間 約3分
乗車定員 24 人 2人乗り×12台
設計・施工
※データはwikipediaおよびオフィシャルサイトを参考にしました。

乗車制限: 身長110cm 〜
(詳細および最新情報は、オフィシャルサイトまたは現地にてご確認下さい。)

▲▲

EXIT | HOME