おいで、かわいがって あげる。
高飛車
富士急ハイランド Course Guide Part 1

Course Guide Part 2 | 高飛車 | bottom

ええじゃないかやドドンパよりは、多少列の進みが速いものの、長〜い?待ち時間を経て、いよいよ搭乗。 横4列のライドに乗り込むと、隣席とのピッチが意外に狭いことに気付く。 シートベルトを締めて、ショルダーハーネスを下ろして、ハーネスのバックルにベルト金具をはめ込む。 このバックルは着脱にコツがいるようで、「心地よくカチャッとはまる」感じではない。 金具は角張っており、下手をすると「あ痛っ」ということになりかねないので、スタッフに任せた方が良いかもしれない。 ハーネスは高さ調整できず、体格によってはスカスカな感じがする。 逆に座高が高めだと、肩につっかえるかも。 重さを感じるものではないので安心したが、とても万歳しづらい構造だ。 無理に万歳しようとすると隣席に手が引っかかり、かなり残念である。

(ご注意) 以降のコンテンツには、搭乗中に撮影した画像が含まれます。 撮影においては安全対策を行っております。 軽率な撮影行為により、カメラ等を落下させますと、大きな事故につながる可能性があります。 決して真似をなさらないようお願いいたします。

出発口・頭上のエンブレム

格好良い毛筆バージョンだ。Fuji-Qロゴも独特。後光が差してて、Qにツノが生えている。

正面を見ると、こんな感じ(レールが汚れて見えるのは、露出の所為であろう)

窮屈な感じで、いわゆる「テーマパーク」的な演出や展示物は皆無。 個人的には「コースターの質が全て」なので許容できるが、殺風景極まることに変わりはない。 この先のコースは暗闇となっている。 以下の工事中の画像によれば、 落差5mほどのドロップ、 急バンク右180度ターン、 時計回りハートラインロール、 左90度ターン、と続くことが判る。

駅舎部分のコース(現在は建物で覆われ、見ることができません)

ゆっくりと動き出したコースターは左90度ターンして、徐行しながら暗闇に飲まれていく。 再び左90度ターン。 闇に溶け込んだ黒いレールを、もはや見ることはできない。 非常灯や装置の照明、壁から漏れる僅かな光が見える程度である。 しばらく徐行が続いた後、おもむろにストンと落ちる。 何の予備知識も無いならば、かなり驚くことだろう。 流れるように右ターンしたと思えば、そのまま、ぐるりと回転。 低空ハートラインロールだ。 Gらしいものも掛からず、自然に気持ちよく回してくれる。 僅かな明かりが回転を実感させてくれるが、基本暗闇なので、平衡感覚が失われてしまう。

低空ハートラインロールからの離脱

低空ハートラインロールを抜ける前に、急バンク左90度ターンへと、シームレスにつながっていく。 いったい自分が、どのくらい傾いているのかさえ判らない。

リニアモーターによる直線加速ゾーン

外部からの光が入ってくると、いよいよ加速ゾーンだ。 ブレーキが装備されており、若干の速度調整がはいるが、ほとんど減速はしない。

その前に、ドロップあり

落差は小さいが、斜度感あり。 ガタン!と落ちるが、衝撃は無し。 速度を増した状態で、、、

加速!!!!

キュィーーーンという甲高い音と共に、急加速。 ドドンパほど強烈ではないものの、シートに背中がめり込む。 風圧と共に「逝けぇ〜〜〜〜っ!」と叫びたくなるほど、気分は最高潮だ。

暗闇から解き放たれる瞬間

甲高い音と共に、チューブからライドが飛び出してくる。

女性アナが実況レポートしておりますw

レールが垂直に立ち上がる、右は仮設の撮影ポイント

コークスクリュー風インサイド・トップハットに突入する。

強いプラスGが掛かってくる、左はコブラロール風インサイド・トップハット

天に向かって、昇っていく

ここの感覚は個人差や気象条件などにより、ケースバイケースであるようだ。 試乗した日は、気持ちの悪い揺れを感じたが、後日乗りに行ったら、それほどでもなかった。 リニア加速時のスピード調整が関係するらしい。

青空と光る雲に見とれる(暑かったけど)

トップハット頂上部(off ride)

トップハット頂上部

プラスGから開放されれば、爽快なゼロGを楽しむことができる。 しかし、そうでなければ、連続するプラスGに耐えなければならない。

トップハットからの下り、左はガンダムクライシス

けっこう落差のあるドロップだ

ほぼ垂直なドロップ、進行方向は南向きをキープ

下りついた底、コブラロール風インサイド・トップハットへと続く

ここも強いプラスGに襲われる。 前列の席では、ガクッと来るような変則的なGを感じる。 後列では、比較的安定していたと思われる。

コブラロール風インサイド・トップハット

ここがEuro-Fighter初採用とされる、四角いトラス状レールだ

コブラロール風インサイド・トップハット(off ride)

ここはプラスG傾向の強いエレメントだ。 斬新な見かけに反して、ひねり宙返り、という程度の印象である。

富士山の剣ヶ峰が、ちょっとだけ見えてる

再び墜ちていく

路面に激突するかのよう、進行方向を北向きに変えて、

下りついた底、ここもプラスGから開放されない

巨大なコークスクリューが現れる

優雅な回転に見えるが、、、

ゼロGかプラスGかは、コンディションによる

もう何が何だか(連続プラスGだと、相当に疲れる)、、、

ここを抜ければ、確実にプラスGから開放される

次は緩やかなステンゲルダイブ風のキャメルバック

キャメルバック通過中

軽やかなゼロGへ

ショルダーハーネスによって、残念ながら浮きは制限される。

気持ちの良い下り

前半のフィニッシュが見えてくる。

軽くホップして、

ブレーキゾーンへ

少しばかり、つんのめり感があるものの、滑らかなブレーキングでしょうね。

屋内に入って、徐行する

引っ越し前の、空のオフィスみたいですな。

右180度ターンが現れる

(所感) スタートからLSM加速までは、まさにお見事。 小技が効いていて、実に楽しかった。 LSM加速は絶妙なバランスで、とてもクオリティが高い。 ドドンパほど過激ではなく、故リニアゲイルよりは加速感があり、シャトルループのようなガツンとした加速でもなく、とても気持ち良い。 しかし、加速後の3回転についてはコンディションに応じて印象が変わる。 その条件については、現時点ではっきりしたことは申し上げられないが、リニア加速時のスピードが関係しているに違いない。 宙返りで爽快なゼロGを楽しめるか、あるいはプラスGが連続してハードな乗り味になるか。 気持ち良さを求めるなら、視覚的には劣るが、優しいGの後列席をお薦めする。 これにて前半は終了。 後半 に続きます。

▲▲
Course Guide Part 2 | 高飛車 | HEADER


EXIT | HOME