高飛車 富士急ハイランド <工事中の様子>

Tweet

高飛車 | bottom

2011年7月16日オープンの新コースター「高飛車」工事現場です。(コメント追記作業中)
まずは、2011年1月〜2月にかけての様子です。 まだ公式発表はなく、名称も明らかではありませんでした。

Fuji-Q Highland under construction (Jan 2011)

スタート直後のコース

別アングルから

この画像のコースは、スタート直後のもので、トリッキーで小ぶりな展開。 後に建物でガッチリ囲まれました。現在では見ることができません。 以下、予想展開です。

ホームを滑り出すと、徐行しながら左90度ターン。 バンクは無く、特にスリルは無いと思われる。 そのまま10m足らずの直線。わずかに下っており、徐々に加速すると思われる。 しかしながら、自転車並みの速度であろう。 この間、暗闇に入ると思われる。 再び、左90度ターン。 ここもバンクは無く、マウス的な振り回しがあるかもしれない。 間髪いれずに、落差5m、50度ほどの1stドロップ。 おそらく真っ暗闇で、驚きの絶叫が上がるだろう。 そのまま急バンク右180度ターン。 そのままシームレスに時計回りのハートラインロール(回転1回目)。 水平に戻る前に、急バンク左90度ターン。 短い下りで加速しながら、リニア加速ゾーンに滑り込み、2秒間で100km/hまで加速。 そして回転やヒネリの連続するコースへと解き放たれる。

園外で組み立てを待つレールと支柱群(観覧車から)

2011年6月上旬の様子です。レールが全てつながり、駅舎の外装も出来上がっています。

Fuji-Q Highland under construction (June 2011)

フードコートからのパノラマ #1(脳内補完でどうぞ)

パノラマ #2

パノラマ #3

垂直タワーと日暈

垂直タワー上部

タワーを登りきっても、直ちにドロップに入らず、2秒ほど一時停止するそうです。 ブレーキの鉄板が並んでいるのが見て取れます。 オーバーハングの角度は121度。 ここにブレーキはなく、ライドから引き剥がされるような、未だ体験したことのないドロップが味わえることでしょう。

垂直タワー下部

垂直タワー基部

駅舎からの歩道は、メンテナンス用のゴンドラにつながっています。 このゴンドラは、タワーの側面を登り、頂上部に到達するようです。 素晴らしい展望が楽しめることに違いはありません。

facebook連携企画「あなたのアイコンで仮囲いを飾ろう!」

この看板は2箇所(もう1箇所はドドンパ加速ゾーンの直下)に設置されています。 アイコンの募集(専用ページで「いいね!」を押す)は2011年2月下旬頃から始まりました。 先着1000名で受け付けましたが、200名程度しか集まりませんでした。 東日本大震災の影響があったのかもしれません。

アイコン展示 (4倍画像をダウンロード)

最終ブレーキから降車ホームまでは、駅舎の外を走る

上側は降車ホーム、下側は整備ガレージか?(ライドらしいものが見える)

屋根の下はエントランスか待合スペースか?

駅舎のデザインは、白色を基調にした、極めてシンプルなものです。 海外のEuro-Fighterでは、テーマ性を持たせた展示物で趣向を凝らしていることもありますが、 富士急ハイランドでは、やはりコースターそのものが全て、のようです。

垂直タワー上部・ミュージアム側から

タワー上部のスロープ中間部に、磁石のようなものが並んでいますが、このあたりで停止すると思われます。 複数のカメラが見えますが、ライドフォトでしょうか??

パノラマ #1(脳内補完でどうぞ)

パノラマ #2

右側のコブラロール風インサイド・トップハットでは、四角いトラス状レールが採用されています。

駅舎

画像左側の足場のある部分は、つい最近までは開口部になっていましたが、いつの間にか塞がれていました。 ここから採光があると考えていましたが、NOでした。 (残念ながら)屋内コースは真っ暗闇なのでしょうか? 駅舎に飛び込む前のホップは、かなりの浮遊感が期待できそうです。

リニア射出口

FUJIYAMA搭乗待ち中

LISMO!のイラストが高飛車っぽく見える。

ご注意) 以降のコンテンツには、アトラクション搭乗中に撮影した画像が含まれます。 撮影において、カメラ等を落下させますと、大きな事故につながる可能性があります。 決して真似をなさらないようお願いいたします。

俯瞰画像 #1

巻き上げは、チェーンです。 リニア加速で垂直タワーを登るタイプもありますが、採用されませんでした。

俯瞰画像 #2

俯瞰画像 #3

参考画像「ムーンサルトスクランブル」1999年撮影

▲▲
高飛車 | HEADER

EXIT