そのほかのコースター
[末尾]

ループコースターモモンガ(よみうりランド)
ループ1回の旧式マシン。座り乗りと、立ち乗りの両方が楽しめる。特に立ち乗り特有の奇妙なG感覚が楽しい。また、最前列は独特の視界も味わえる。スター級マシンに比べて影が薄いが、忘れずに搭乗したい。
SLコースター(よみうりランド)
最初に落とし込み、池の上の軌道をぐるぐる回り、最後に巻き上げという、変則的なレイアウト。池での周回は横Gが掛かって楽しい。しかし、最初の落としでは途中でブレーキが掛かり、完全に一旦停止するなど、煮え切らないマシンである。最後の巻き上げは、当然ダラケる。
ジオパニック(後楽園ゆうえんち)
地下コースター。真っ暗。時々、照明あり。小刻みに曲がりくねったコースを、ガタゴトと走る。スピード感や爽快感は無し。暗闇急カーブで体をぶつけて痛いのが、スリルという程度。
2ウェイコースター(後楽園ゆうえんち)
営業終了。車両編成の後半部分は、座席が後ろ向き。巻き上げ2箇所で、距離もまぁ長い。しかし決定的に速度が遅く、どちらを向こうが大したことはない。
ボブスレー(横浜ドリームランド)
パークごと営業終了。恐ろしく旧式のマシン。8の字コースで、落し込みは2回。高低差も角度も甘い。最初の落しはトンネルの中。2回目の落しは池の水面で、水を撥ねるところがユニーク。濡れるせいか、レールがよく錆びている。8人乗り1編成なので、待ち時間が長い。巻き上げ開始部分で衝撃があり、むち打ち症になりそうだ。
ジェットコースター(姫路セントラルパーク)
距離は1km以上あるのだが、のんびりした走り。さながら園内半周ツアーといったところ。
アンダルシアレイルロード(呉ポートピアランド)
パークごと営業終了。バンクのキツいカーブ落し(シュワルコフカーブ)が特徴。トンネル部分が多く、スピード感もまずまずでした。
ジェットコースター(広島ナタリー)
パークごと営業終了。コースの大部分が、瀬戸内海の海上に設置されていた(元祖、海上コースター?)。振動が凄かったような記憶がある程度。

番外・回転物、振り子物
筆者は残念ながら、このようなタイプの乗り物は苦手である。何故なら、酔うから。 今のところ嘔吐に至ったことはないが、その後の行動に影響するので「自粛」している。 「通称パイレーツ(バイキング)」は大好きなので、端に乗って万歳三唱大はしゃぎ、、、終了後、ウゲゲ、、、。 垂直方向に回転する乗り物で、反転状態で一時停止するもの、これは嫌いである。不自然なGをじわじわと食らうので、ダメージになり易い。 スペースシャトルを模った大型マシンは比較的気持ち良いが、直径の小さいものは敬遠に限る。 強烈な頭痛を起こすリスクが大きい。 「トップスピン」は、多彩な動きで酔わないが、ハーネスがキツくて苦しいし、そんなに楽しいとは思わない。 「フライングカーペット」は前後のGが強烈で、やはり酔う。 その横G版が「レインボウ」。 回転物、振り子物のトレンドは今やインバーテッドだが、同じく酔うのだろうなぁ。 やっぱりローラーコースターに限る。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT