Loop The Loop

1970年代に誕生した、初期タイプのループ式ローラーコースターのひとつ。コース形状や規模はシャトルループによく似ているが、こちらは巻き上げスタートになる。普及率はシャトルループ以上で、全国の園地で見かけることができる。このタイプを発展させたマシンでは、ムーンサルトスクランブルが有名だ。

前進で巻き上げて、バックドロップで駅舎を通過、そのまま逆進で1回転、そして急坂を登り頂上(折り返し地点)で一旦停止、前進で下っていく。今度は前進で1回転、駅舎を駆け抜けてブレーキをかけ、終了となる。巻き上げを行うので、シャトルループよりも運転時間が長い。

お薦めの乗車位置は最後列だ。折り返し地点(斜度70度)の高度感をフルに味わうことができる。ただし、爽快感はシャトルループに軍配が上がるような気がする。


Data

ループ ザ ループは設置場所によって最高時速や軌道延長、ループ径などの仕様が異なる。ここでは向ヶ丘遊園/スカイハリケーン(未体験)のデータを紹介する。

項目備考
最高地上高度 Sorry このマシンの巻き上げ最高地点は平らになっており、最前列はレールの行き止まりぎりぎりまで進むので、とてもスリルがあるそうだ。また全座席が最高地点に到達できるという点が優れている。
最高時速 Sorry
斜度 70度 ループを除く。
最大G Sorry
軌道延長 Sorry
(往復)
運転時間 Sorry

乗車制限:Sorry

EXIT