Damo Suzuki's Network Never Ending Tour Autumn 2004
2004年11月02日(火)CLUB24 YOKOHAMA

home | bottom

フライヤー | チケット | その他

このレポートは、開催内容について自身の記憶を留めるためのもので、淡白な内容である点、ご了承願います。 掲載写真は手ブレや露出不足が目立ち、低画質になっています。 また掲載許可を取っていませんので、問題ありましたら削除します。

サイトによって開演時刻情報がまちまちだったので、ワーストケースを想定し、18:30頃到着。暫く始まる気配がないので、ハーゲンダッツのアイスを頼んで、後方の席でマターリしていると、サイト Jacket Art 管理人のMarchinさんに会った。 ホルガー・シューカイ新宿ライブ以来だったが、お元気そうで何よりだった。 19:20頃、開演。

出演)
ヤケクソ係長代理補佐 みのる君(ギター)Mura(CDJ)
INCAPACITANTS+JOJO広重(非常階段)+石塚俊明(頭脳警察)+柿木義博(Garadama)
ダモ鈴木& マニ・ノイマイヤー [宮下敬一 / 榎本隆幸 / 渡邊靖之 / 松谷健]
DJ:Itaru

ヤケクソ係長代理補佐
ギターとターンテーブルの2名のユニット。 一曲目はアンビエントな小曲だったが、次は強烈な変態ノイズ長編。 ギターをかき鳴らしながら、ウギギーッという感じ。 ビートは無かったです。

INCAPACITANTS+JOJO広重(非常階段)+石塚俊明(頭脳警察)+柿木義博(Garadama)
今回は比較的シンプルなメンバー構成。 耳をつんざくノイズだった「非常階段」に比べると、足元からドーンと突き上げるような壮絶なノイズ。 例のごとく、30分一本勝負。 割合はっきりしたビートもあって、今回も楽しめました。

撮影失敗
これも失敗

DJ:Itaru
コンサートはインターバルの短い進行でしたが、 ここでは楽天的なフレーズとホーミー、そしてヤケクソ係長代理補佐を思わせるノイズまで多彩なプレイ。 ホーミーとクラブサウンドは、よく似合う。見事でした。

ダモ鈴木& マニ・ノイマイヤー [宮下敬一 / 榎本隆幸 / 渡邊靖之 / 松谷健]
力強かった前回のライブに比べて、今回はとてもクールな印象を受けました。 MANDOGのアンビエントなギター・ベースとダモさんの粛々たるボーカルから一転、マニさんが猛然と加速するシーンはホントに格好よかったです。 数フレーズながらCAN時代のMother Skyを上演。

導入部
アンビエントです

左は宮下さんg、榎本さんb
右は渡邊さんperc、松谷さんg


藁袋から食器をばら撒き、

大道芸プレイを披露


一旦終了

ご挨拶
アンコール

22:15頃、終演。

編集後記)
帰り道のバイクでは、飲酒検問に引っ掛かる。 飲みたいのを我慢しておいて正解だった。 予想どおり、家に帰り風呂入ると妖しい高周波が耳元で鳴ってる。 さすがに朝目覚めたら治ってたが、 関係者の方々、難聴には十分気をつけてください。

BACK | HEADER | NEXT
EXIT