音楽文化の衰退・レコード輸入権
Fuckin' The right of record import

home | bottom

「著作権法の一部を改正する法律案」(閣第九一号)は、2004年6月3日に可決成立しました。 この改正著作権法は、将来的に日本の音楽文化衰退を招きかねない「負の遺産」となります。 日本人の国民性は「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われますが、この問題についても「熱さを忘れて」しまえば、 日本の音楽市場は著作権利益者の思うがままにコントロールされてしまいます。 そうなる前に事の成り行きを注視すべく、また横暴な法案成立プロセスに対する怒りを忘れないためにも、 このコーナーを作成いたしました。

改正著作権法は、2005年1月1日から施行されます。 詳細の運用は、これから詰めるようですが、附帯決議に沿った公正なものになるのか、監視が必要です。 また、あまりに不備の多い改正著作権法の白紙撤回または再改正、 すなわち「法律の主旨を逸脱する、過剰な輸入権行使」を抑止(処罰)できるような条項追加が必須と考えます。 それから、著作権法の改正で、日本のCD価格は本当に下がるのか、特に邦楽リスナーの皆様を中心に監視していただきたいと思います。

関連リンク
私たちは海外盤CD輸入制限に反対しつづける
ITmedia LifeStyle:特集:輸入音楽CDは買えなくなるのか?

BACK | HEADER | NEXT


EXIT