Peter Baumann / Strangers In The Night (1983)

『カバー曲の聴き比べ』

電子ドラムと明朗シンセの、'80sエレクトロポップ第2弾。 乾いた音創りが、いかにも「エイティーズ」を感じさせられる。

本作ではリードボーカルとしてEli Holland という方を雇っている。 声の特徴は、当時のガゼボやマイケル・フォーチュナティーを思わせるもの。 ピーター・バウマンのキャラクター性は前作に比べて、かなり希薄になってしまった。 ジャケットのポートレートにも登場してないし。

聴き所は冒頭の表題曲 Strangers In The Night(夜のストレンジャー)。 Bert Kaempfert(ベルト・ケンプフェルト)という方のカバー曲だが、ぜひ原曲との聴き比べを行っていただきたい。 どちらのバージョンも、ようつべで検索すれば簡単に見つかるハズである。 フランク・シナトラの歌入りバージョンが有名らしいが、ここはオリジナル版(Bert Kaempfert And His Orchestra名義)との聴き比べをお勧めする。

バウマンらしさは希薄と述べたが、お待たせしました。ラスト2曲はそれらしい感じかも?です。

Ground Zero
部分的ながら、Phasedayのフレーズがそのまま現れる。

Welcome
シンセの効果音が豊富で、Kiew Missionっぽい。Kiew Mission?ってツッコミあるかもしれないが、まぁ大目に見て。

表題曲は12inchシングル盤がリリースされており、 ロングバージョン(4分57秒版と5分40秒版)、 ドイツ語版(Fremde In Der Nacht)、 ラップ版(Bonus Rap)があるようだ。 4分57秒版(イントロでEins, Zwei, Drei, Vierとコールしてる)だけ聴いたことがあるが、順当なロングバージョンで好感度も高かった。

  1. Strangers In The Night 3:53
  2. Metro Man 3:53
  3. King Of The Jungle 3:47
  4. Be Mine 3:27
  5. Time Machine 3:25
  6. Taxi 3:13
  7. Cash 3:23
  8. Glass House 4:15
  9. Ground Zero 3:35
  10. Welcome 4:24


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT