Tangerine Dream
[末尾]


Quinoa (1992)

当初はファンクラブ限定リリースされた作品。 現在ではTDIから再発され、しかも2曲追加されているので、そちらを買った方が良いでしょう。 全編ノンストップの組曲形式で、Livemilesあたりを軽くした雰囲気に近い。

VOLT 0001 CD MXMII - total time : 28.30


  1. quinoa 28.30

Edgar Froese / Jerome Froese
recorded at The Cave, Berlin

ベルリンでのライブ録音。ただし観客の声は入らず、スタジオライブっぽい音である。 オーバーダビングは行われていないようで、無駄のない整理されたサウンド、 言い換えれば音数の少ないクールなサウンドでまとめられている。 演りたいことがストレートに伝わってくる好盤で、 この時期の作品ではお薦めできると思う。

中間部では、Two Bunch Palms (Arizona Live '92ほか収録)が、そのまま現れる。 もちろん、その部分が山場であるが、Arizonaのような派手派手ギターは無く、 シーケンスも控えめで、やや地味。 でも、その方がらしくて良いかもしれない。 28分の大曲を聴き終えた、という充実感はあまり感じられないです。 下記、リイシュー版のトラックリスト。

  1. Voxel Ux 12:01
  2. Quinoa 28:27
  3. Lhasa 9:49

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT