Tangerine Dream
Electronic Meditation (1970)

Jive Electro C TANG4 - total time 36:35


  1. Genesis 5:56
  2. Journey Through A Burning Brain 12:26
  3. Cold Smoke 10:38
  4. Ashes To Ashes 4:06
  5. Resurrection 3:27

Recorded as a rehearsal at an old factory in Oct. 1969 in Berlin
Edgar Froese : 6 and 12 String Guitar, Farfisa Organ, Piano
Klaus Schulze : Percussion, Metal Sticks
Konrad Schnitzler : Cello, Violin, Additator

タンジェリン・ドリームはエドガー・フローゼにより、1967年に結成される(注)。 1969年には、クラウス・シュルツェとコンラッド・シュニツラーを迎えて、Ohr(耳)レーベルから記念すべき1stアルバムをリリースする。
(注)前身バンドとしてThe Ones名義で、シングルLady Greengrass/Love Of Mine(1967)がリリースされている。 当時はボーカル入りのオールディーズ・サイケデリック・ロックだったが、部分的ながらアヴァンギャルドっぽい演出もあった。 歌詞の一部にTangerineが登場している。

エレクトロニックなタイトル、アナログシンセサイザのパッチ配線を思わせるジャケット、そしてドイツ電子音楽の重鎮、フローゼ・シュルツェ・シュニツラー(コンさん)によるトリオ。 いかにも深遠なエレクトロニック・サウンドを想像させられるが、実際は、そうではない。 本作ではギター、オルガン、ドラムス、チェロなどの「普通の楽器」が使用され、 アバンギャルドなインプロビゼーション(思うがままに、やりたい放題の演奏)になっている。 従って、初期テクノやアンビエント・サウンドを期待すると、完全に外してしまう。

もともとは、スタジオでのリハーサルを編集したもので、楽器以外の音もふんだんに使われているらしい。 音量バランスも不安定で、雑な編集もあり、デモテープのような仕上がりになっている。 彼ら自身、この録音がまさかリリースされるとは考えていなかった、といわれている。

筆者は初期版のみ所有。 以前「オーディエンス録音のような音質」と紹介したことがあったが、リマスター版を聴いてみると、さすがにそこまで悪くなかった。 リスナーを激しく選ぶ作品だが、クラウトロック(ジャーマン・プログレ)を追体験する上で避けて通れない、重要な作品だ。

#1 Genesis(創世紀)
いきなりストリングスで、どよどよよ〜ん、って音をぶちかまし、強烈なドローンが捻じ曲がる。 そしてパーカッションが鳴り響き、女声のような擬音で「うわうわぁ」とシャウト。 そしてフルート(誰がプレイしているのか、クレジット無し)がぴぃひゃららぁって演ってます。 この演奏は、明らかにコンさん主役。本作で一番の聴き所である。 シュルツェのお祭りドラムで盛り上がったところで、次トラックに強引につなげられる。

#2 Journey Through A Burning Brain(燃える脳ミソをめぐる旅)
過剰なまでに甲高い(耳障りな)エレクトリック・ギターがかき鳴らされる一方で、 ピンク・フロイドの曲「A Saucerful of Secrets(神秘)」のオマージュともいえる、荘厳なオルガンが美しい。 アンビエント風味もあるが、静と動との対話が、交互に現れる。 後半、シュルツェのドラミングは人力ブレイクビーツで、なかなか迫力あり。

#3 Cold Smoke(冷たい煙/霧)
静かなオルガンが流れて、一瞬ドカドカッっていう形態の演奏です。 構成は#2と似ているが、こちらはダークな印象。 後半、オルガンとお祭り太鼓で盛り上がり、またまた耳障りなギターソロと笛がピーピー騒いで、しまいには絶叫。 そして、いきなりブチ切れるように終わる。 と思ったら、ハァハァと息遣い。

#4 Ashes To Ashes(灰から灰)
割とリズムの一定したインプロビゼーションですね。 ギターの音がちと耳障りで、フルートが調子っ外れですが。

#5 Resurrection((キリストの)復活)
オルガンにドイツ語の朗読(ただしリバース音)を加えた演奏が途切れて、1曲目のGenesisが再登場。 演奏自体は同じもののようだが、ミックスが異なっている。オマケです。



A) 裏表紙
B) 見開き



C) 初期CDジャケット(Jive Electro)

図C)のジャケットは、初期のCD版。 当時はタンジェリン・ドリームのアルバムが、CD化されるだけでも貴重であり、 このようなオリジナルアート完全無視のシロモノでも、飛びつくように買うしかなかったのだ。 しかし、続くAlpha Centauri, Zeit, Atem, Green Desertまで、同じデザインの色違いとは恐れ入る。

後にCastleというレーベルからリイシューされ、Faithfully Restored Artwork(忠実に再現したアートワーク)を謳っていたが、 「真っ赤な嘘」であることに注意(これについては、後に取り上げる)。 オリジナルアートにこだわるなら、国内盤の紙ジャケットをお薦めする。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT