Stomu Yamashta
[末尾]


いろは「地」 Iroha Chi

この作品は「いろは 天・地」の2枚目「地」。般若心経や祇園祭のサンプルなど、過激な一面もあるが、「天」に比べると内省的で、静寂なサウンドである。


  1. 地音 Native 19:00
  2. 秋歌 The autumn
  3. いろは歌 Iroha
  4. 般若心経 Hannya Sutra 15:28
  5. 動気 The key
  6. 気音 Infinity
  7. 賛歌 Change of life

Side3 (#1-3) は徹底した「静」のパート。効果音、シンセサイザによるメロディ、和風パーカッション群、全てが今にも消え入りそうなくらい儚く、美しい。ノイジーな環境下での鑑賞は困難。続く「いろは歌」は純和風古典のような佳曲(インスト)。

Side4 (#4-7) は般若心経のサンプルにシンセサイザ効果を加えた導入部で始まり、荒々しいパーカッションと読経、そして祇園祭へと展開する。そして、UFOの上昇を思わせるシンセ音が全てを消し去り、静寂へ。「いろは歌」の変奏を含む静かな曲で締められる。

RVC RPL-3026-27


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT