Popol Vuh
Yoga (1976)

Spalax / High Tide - total time 40:22


  1. Yoga 1 3:43
  2. Yoga 2 3:43
  3. Yoga 3 9:24
  4. Yoga 4 4:53
  5. Yoga 5 5:36
  6. Yoga 6 3:26
  7. Yoga 7 6:03
  8. Yoga 8 3:05

インド音楽のミュージシャンを集めたセッション作品。 フリッケ本人は、演奏には直接関与していないとされる。 内容はインド音楽そのもの、だそうである。 公式ディスコグラフィーからは外されてしまったようだ。

アルバム Hosianna Mantra からインド楽器を使い始めて、 Das Hohelied Salomos や Herz aus Glas (coeur de verre) でもインド音楽へ傾倒したが、 ここでは、とことんインド音楽を追求しよう、という実験だったのかもしれない。

どこかの試聴サイトで、Yoga 1 の一部を聴いたことがある。 女性ボーカル入りの軽快なダンスナンバーで、なかなかイケてるな、と思った。

著者追記)
この作品は、インド音楽ミュージシャンがスタジオを訪れてセッションした際に、 第三者が録音してPopol Vuh名義で勝手にリリースしてしまったものらしい。 フリッケはインドのオルガン Harmonium(もともとヨーロッパから伝来したもの)をプレイしたとされる。 High Tideからのリイシュー音源を聴く機会を得たが、冒頭で述べたとおり、まさしくインド音楽そのもの。 もちろん演奏は上手いし(特に速打ちパーカッション)、サウンドもクリアで心地よい。 インド音楽入門用としてもアンビエントとしても上質な作品なので、オフィシャルリリースしてほしいと思う。 ご本人は既に他界しており難しいのかもしれないが。

盤起こし音源から針ノイズを取り除いたものらしいが、いくつかの「大物」は取りきれなかったのであろう。 冒頭部分を中心にボツ!ボツ!が聞こえる。Spalax版の状況は判らない。

最初と最後のパートでは、キュートな女性ボーカルが入る。 声が音割れ気味に聞こえるが、そういう声質なのだろうか? 歌詞はこんな感じである。 トラッドのように聞こえなくもないので、詳細情報や歌詞内容お分かりの方いらっしゃいましたら、お寄せください。

Yoga 1
じゃや じゃや でーう゛ぁ はれぇー でぇぇー
じゃや じゃや でーう゛ぁ はれぇー
つぃたかまな ぷちゃまんだらー
りたくんだなー
ぱにとぅな りたう゛ぁな まーなー

Yoga 8
はーれぇー でした、はーれぇー で
でした、でした、はれ はーれぇー
はーれぇーだま、はーれぇーだ
だま だま はれ はーれぇー






<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT