Popol Vuh
Das Hohelied Salomos (1975)

Spalax - total time 33:44


  1. Steh auf, zieh mich dir nach 4:46
  2. Du schonste der Weiber 4:33
  3. In den Nachten auf den Gassen I 1:38
  4. Du Sohn Davids I 3:03
  5. In den Nachten auf den Gassen II 3:29
  6. Der Winter ist vorbei 3:45
  7. Ja, deine Liebe ist susser als wein 3:42
  8. Du Sohn Davids II 3:50
  9. Du tranke Mich mit deinen Kussen 4:58

タイトルは「ソロモンの至高の歌」という意味。 ここで「ソロモン」は古代イスラエル王国の第3代王を指す。 父はダビデ。母はバト・シェバ。 Salomo はドイツ語表記。

セッションの寄せ集めのようなアルバムで、フェイドイン始まりフェイドアウト終了も目立ち、いまひとつまとまりに欠ける。 アルバムのコンセプト自体が曖昧になりつつあるようだ。

新しいエレメントは、冒頭の儀式音楽。 このスタイルは、1980年代のアルバムにかけて、何度か現れることになる。 土着的なドラムスとDjong Yun のコーラス。後半はジャズロックに展開する。
#2は、Djong Yun のボーカルを味わうことができる中期名曲。後のアルバムでも度々登場するモチーフである。
#3, #5 は、King Minos 後半をカオス化したもので、次回作のセッションに引き継がれる。
#4, #8, #9 は Hosianna-Mantra のフレーズがそのまま使われる作品。もしかしたらセッション録音の蔵出しかもしれない。
#6はインド音楽風のダンスナンバーで、もちろんDjong Yun のボーカル入り。
#7も Hosianna-Mantra の派生と思われるが、イントロ等のギター・アンサンブルが聴き所。 このモチーフも、後のアルバムで使用されるようだ。

演奏は、タイトでなくなってきた感があるが、 前作に比べると、Djong Yun の登場回数が増えているので、歌を聴きたいならお薦めと思う。

Florian Fricke / piano
Daniel Fichelscher / acoustic & elelectric guitars, percussion
Djong Yun / vocals
Alois Gromer / sitar
Shana Kumar / tabla


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT