Grand Funk Railroad
Survival (1971)

Capitol - total time 73:09

  1. Country Road 4:22
  2. All You've Got Is Money 5:16
  3. Comfort Me 6:48
  4. Feelin' Alright 4:27
  5. I Want Freedom 6:19
  6. I Can Feel Him In The Morning 7:15
  7. Gimme Shelter 6:29
  8. bonus tracks :
    I Can't Get Along With Society (2002 Remix) 5:39
  9. Jam (Footstompin' Music) 4:40
  10. Country Road (unedited original version) 7:38
  11. All You've Got Is Money (unedited original version) 8:19
  12. Feelin' Alright (unedited original version) 5:55

通して聴いても、アルバムとしての特徴がつかみにくくて、執筆が進まず。 なので、いくつかの曲の歌詞を覗いてみたが、多分に悲観的で逃避的。だからSurvivalなのかも。 極めつけの悲観ソング、Gimme Shelterで締めるのも納得がいく。 ボーナストラックのunedited original versionは、曲の仕上がる過程を垣間見れて興味深い。

[田舎道]
メルのベースラインばかりを聴いてしまいます。

[あなたが持っているすべては、お金です]
2部構成で、後半のブルースでの叫び声が怖いけど、ここはunedited original versionと聴き比べると面白いですね。

[私を慰めてください]
ドラマチックな展開の良曲。

[問題ないと感じること]
シングルカットされた曲。

[私は、自由が欲しいです]
イントロをいったん中断し、雑談したり鼻歌を歌ったりしています。

[私は、朝に彼を感じることができます]
女の子のセリフのコラージュやオルガンの音が幻想的でプログレっぽい。

[保護をくれ]
ローリング・ストーンズのカバー。 轟音ベースが唸っていて、他のパートが聴こえにくいです(そこが良いのだが)。 いったん終わったように思わせて再開するのは、Heartbrakerを連想する。

Mark Farner: vo,g
Don Brewer: ds
Mel Schacher: b
Produce: Terry Knight


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT