舟沢虫雄
否定の果て (1992)

自主制作 MH-101 - total time : 54.31


  1. 赤い月の晩に 6.57
  2. 芸術家 14.24
  3. 女の爪と赤い月 6.44
  4. 泥水 5.50
  5. 嵐の準備 5.05
  6. 否定の果て 7.08
  7. 死ね 7.28

舟沢氏の第4作目。 ただし1作目と2作目(甘い病床、月の魚)はすでに廃盤で、3作目「霊機」はカセットのみのリリースであることから、CDフォーマットでは最初の作品になっています。

全編を通じて、素朴で暖かいアンビエントになっており、 冒頭「赤い月の晩に」の包み込むようなサウンドは、遠い過去への郷愁をいざなうかのようです。 ノイズ・ドローンをバックに断片的な旋律が流れる「芸術家」、 メランコリックなエレピの「女の爪と赤い月」、 唯一シーケンスの入る「嵐の準備」 など聴き所も多く、 発表年代を考慮すると、クールで先進的なエレクトロニック・アンビエント作品であることが判ります。 ラスト2曲はタイトルどおり、寂寥感ただよう重厚さがあります。 パート数は最小限ですが、一つ一つの音が徹底的に練り込まれている印象です。 舟沢氏の作品をお聴きになるなら、まずはこの作品から入るのが良いと思いました。 Brian EnoのDiscreet Musicがお好きなら、迷わず「買い」でしょう。

以下、ライナーノーツから引用。
「赤い付き月の晩に」は、画家である井原(旧姓:辺見)由美子女史の描いた一枚の絵画を見た時、まるでこの曲の存在に気づくかのようにできた曲である。詞はこの絵に描き込まれている言葉を舟沢が並べ、女史が整理し、タイトルをつけて完成された。又、「芸術家」は1991年8月31日に初演された蝉丸氏の舞踏作品「空蝉」のために作曲―録音されたものに、若干の再整音をほどこしたものである。



裏表紙
見開き(一部)

画像では判りにくいですが、ジャケットの印刷は高級感があり、優れた仕上がりになっています。 掲載は見送りましたが、2ページにわたる詩篇あり、併せてお楽しみください。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT