Frank Zappa & The Mothers Of Invention
[末尾]


Uncle Meat (1969)

資金不足で完成できなかった映画「アンクル・ミート」からの音楽集。アナログ2枚組みの大作で、1CDへの収録が不可能だったことから、CD化に際して、映画からの音声トラック(約40分)を追加収録し、2CDでリリースされた。

まさに全プログレ・ファン、特に変態ジャズロックや変態チェンバーがお好きな方(あなたですよ)は、何があっても必ず聴くべし。避けて通ると、一生後悔しますよ。
[Track List]

videoarts music
VACK1208

Disc one : 57.23
  1. Uncle Meat; main title theme 1.56
  2. The Voice Of Cheese 0.26
  3. Nine Types Of Industrial Pollution 6.00
  4. Zolar Czakl 0.54
  5. Dog Breath, In The Year Of The Plague 3.59
  6. The Legend Of The Golden Arches 3.28
  7. Louie Louie 2.19
  8. The Dog Breath Variations 1.48
  9. Sleeping In A Jar 0.50
  10. Our Bizarre Relationship 1.05
  11. The Uncle Meat Variations 4.46
  12. Electric Aunt Jemima 1.46
  13. Prelude To King Kong 3.38
  14. God Bless America 1.10
  15. A Pound For A Brown On The Bus 1.29
  16. Ian Underwood Whips It Out 5.05
  17. Mr. Green Genes 3.14
  18. We Can Shoot You 2.03
  19. "If We'd All Been Living In California..." 1.14
  20. The Air 2.57
  21. Project X 4.48
  22. Cruising For Burgers 2.18
Disc two : 63.25
  1. Uncle Meat Film Excerpt, part 1 37.34
  2. Tengo Na Minchia Tanta 3.46
  3. Uncle Meat Film Excerpt, part 2 3.50
  4. King Kong Itself 0.49
  5. King Kong 2 1.21
  6. King Kong 3 1.44
  7. King Kong 4 6.17
  8. King Kong 5 0.34
  9. King Kong 6 7.24
[Listening Report]

1枚目は死ぬほどヘンテコなチンドン屋インスト(マリンバやチェンバロ炸裂)で開始。これが全体の主題になっている。変な電子ノイズから、スージーちゃんのMCに、鼻息(鼾のような擬音)が鳴って、現代音楽風パーカッションに変態ギターソロが加わる。突如ファンキーなホーンセクションが入ると、能天気なオールディーズ風コーラス(歌もの)。バックで変な音(変態ブラスとか)が結構鳴ってるし、テープのピッチを変えた「カミール声」も炸裂しまくり。そして、いつのまにか現代音楽に化けている。以降も、変拍子に変態サックス・ソロ、ピッチの狂った間抜けな「God Bliss America」、その他諸々と、抱腹絶倒の面白さ。大部分がメドレー攻撃で、息つく暇もなく、主題や副題の再アレンジもあって、シンフォニックとして聴けなくもない。気付くと、ザッパ節の虜になっていた。なお、#10の声はPrinceのBlack Album track 5-6 のつなぎ目でサンプルされている。

2枚目の最初は、台詞や効果音などが延々続く、いわば映画の音声トラックを録音したようなもの。これが37分(スキップしてもいいでしょう)。圧巻は最後のキングコング組曲。壮絶なジャズファンク・インストで迫ってくる。ヘヴィなグルーヴと、ホーンセクションの掛け合いが凄い。インプロかと思っていると、途中からユニゾンになるので、あらかじめ作曲されたものらしい。後半に展開があり、ドラム乱打とマヌケな歌声でアレンジが変わる。最後は完全に壊れたチェンバーになり、電子ノイズと共にフェイドアウト。

もともとこのアルバムは、No Commercial Potential (商売になる可能性無し)とのタイトルで、アナログ3枚組みクラスを予定していたが、(やはり)レコード会社の抵抗に遭って、現状の形になったといわれる。本作から漏れたトラックは、バーント・ウイニー・サンドイッチいたち野郎で聴くことができるそうだ。

booklet front booklet inner シャワーを浴びる女性が、赤ん坊の足(人形?)を体に押し当て、恍惚としている booklet inner 小銃の先は「足」、その先っぽが動物(キリン?)のケツの穴にメリ込んでいる booklet inner booklet inner booklet Back 内袋



<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT