White Eagle (1982)

Tangerine Dream
Jacket sample Jacket back
(Virgin 7243 8 39444 22)

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

作品紹介

The track ≫White Eagle≪ was used for a German TV action series (Tatort: Das Madchen auf der Treppe) and became TD's first hit single. ≫Mojave Plan≪ was performed by the Munich Philharmonic Orchestra.

このアルバム・リリースの背景については、筆者はよく知らない。前作のサスペンス路線を踏襲しているが、都会的な雰囲気は薄くなり、むしろ砂漠のような情景を連想する。Mojave Plan などのタイトルからも、意図された作風らしい。

Edgar Froese : 詳細データ無し
Chris Franke :
Johannes Schmoelling :

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

収録曲目

Track Time Title
1 20:08 Mojave Plan
2 4:00 Midnight In Tula
3 9:37 Convention Of The 24
4 4:34 White Eagle
Total 38:19

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

曲目紹介

Mojave Plan(モハベ計画)
旧アナログのA面を占める、久しぶりの長編。実際はサスペンス風テクノ・ポップ3曲を、お得意の轟音でつなげた組曲になっている。リマスターにより、非常にカッコイイ音になった印象を受ける。ラストの、オーケストラによる不協和音がせめぎ合うシーンは圧巻だ。
Midnight In Tula(TULAの真夜中)
初っ端から、KRAFTWERK / TEE のメロディがそのまま出てきて面食らうが、以降はシャープなエイトビートが切れ込むような、サスペンス風ナンバーになっている。Encore ライブの3曲目で使った効果音が使い回されてるようだが、それはそれで良い。TULA とは地名だろうか?
Convention Of The 24(24の会議)
こういうビートを何て呼ぶのだろう??やはりサスペンス風で、疾走感もなかなかのもの。夕闇を駆け抜ける風のよう。後半、ミニマル・シーケンスの応酬も聴き所。旧アナログのB面のベストトラック。
White Eagle(白い鷲)
ミディアム・テンポのミニマル・シーケンスでスタート。美しいメロディの、聴きやすい曲。多少ニューエイジっぽいが、好きな曲。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

音質評価

従来版は安っぽい音で、それ故このアルバムにはやや不満があったが、SBM版では非常に深みのあるクリアな音質になったので、大いに印象が変わったと言えます。お薦め。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

ジャケットについて

左図は従来版で、中央図がSBM版。これといって見所のあるアートワークではないが、左は地球がやけにデカい。右図は従来版の裏表紙。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

White Eagle
<−前へ.. Jacket sample V2226 Jacket sample Jacket sample ..次へ−>

EXIT