Tangerine Dream

TD Logo:TとDをくっつけたシンボルマークで、1980年代後半から使用されている。アルバムTYGERのオリジナルジャケットから転載。阪急伊丹駅ビルのマークに似ていたが、阪神淡路大震災で倒壊、以降現地を訪れたことがないので、現在の状況は分かりません。

Presented by 深紫乃玲院

このページでは、ジャーマンプログレの重鎮で、なおかつクラフトワークと同様に現在のテクノ音楽に多大な影響を与えたであろう、タンジェリンドリームをご紹介いたします。


タンジェリンドリーム(TD)について

TDは1970年代初期からシンセサイザなどの電子楽器やシーケンサを駆使して、極めて独創的な音楽を制作してきました。クラフトワークがリズムマシンからのアプローチだったのに対して、TDは発振器やシーケンサを主体としたところが、音の違いとして顕著に現われています。そしてグループ発足当時から何度もメンバーチェンジを繰り返しつつ、近年も多数の作品をコンスタントにリリースし続けています。TDはクラスターと並んでアンビエントテクノやニューエイジのルーツと言えますが、「テクノの祖父」としてカリスマ性をますます高めているクラフトワークに比べると、ここ日本では今一つ認知度に欠けるようです。初期作品やVirgin時代の作品は輸入盤で入手できますが、1990年代以降の作品となると、店頭ではほとんど見つかりません。
私は1990年代以降の作品をほとんど聴いていないのですが、これら作品群の多くはフローゼ親子による編成で、個人的には「フローゼ・フローゼ ファミリーバンド」と呼んでいますが、実際、欧米ではもはやニューエイジ扱いであり、ロックやプログレに分類されることはない、のだそうです。詳細についてはご容赦下さい。


アルバム紹介について

TDのオフィシャルページでは、作品カタログを契約レコード会社に基づいて分類しています。当ページでも、同様に分類しております。

グループとしての概況とサウンドの傾向について、ざっと説明いたします。

The Pink Years,1970-1973
サウンドは「カオス(混沌)」という言葉で形容されることが多く、お化け屋敷のような音楽である。1作目から3作目までメンバーチェンジを繰り返しながら、フローゼ/フランケ/バウマンの「黄金体制」が確立した。オリジナルのアナログはOhrレーベルからリリースされたが、一時的にVirginが発売権を持っていたようで、Virgin盤アナログを見たこともある。全ての作品はCD化され、Jive Electro盤、Relativity盤、Castle盤の各CDが出回ったが、どのブックレットにもZomba Musicと記されているので、出所は同系列らしい。なぜ「Pink」と命名したのかよく分からないが、Pink Floydからの影響を意識したのではないか、と個人的に推測している。なおアルバム「Green Desert」は1973年の未発表曲集ということだが、音楽的傾向は全く異なっている。

The Virgin Years,1974-1983
「Mike Oldfield/Tubular bells」の大ヒット(映画「エクソシスト」で使用されたことが契機で、世界的ヒットになった)で、破竹の勢いに乗るVirginレーベルに移籍し、プログレ史上、極めて重要な作品群をリリースする。フローゼ/フランケ/バウマン体制では、1作ごとに著しい技術向上を見せ付けたが、やがてバウマンが脱退し流動期に入る。1980年、ヨハネス・シュメーリングが加入して安定した活動を行い、ややテクノ色を強めた作品群をリリースする。1980年代は産業ロックの台頭で、プログレの影が薄かったが、タンジェリンドリームはこの時期、プログレ作品をコンスタントにリリースしており、個人的な欲求不満を大いに解消していただきました(笑)

The Blue Years,1984-1988
レーベルの移籍はあったものの、サウンドはこれまでの延長線上にあり、演奏技術の頂点に達したと時期と思われる。ポール・ハスリンガー加入。一方で、シュメーリング、そしてフランケまでも脱退してしまう。

The Melrose Years,1988-1990
バウマン主催のPrivate Musicレーベルに移籍。Private Musicはプログレ寄りのニューエイジ、インストルメンタル音楽を主体とするレーベルで、YanniやEddy Jobsonなども在籍していた。サウンドは、今まで通りエレクトロニックではあるが、プログレ色は薄くなった。ジェローム・フローゼが加入。

The Seattle Years,1991-1996
この時期以降の作品は、一部しか聴いていないのでなんとも言えないが、Private Music時代の作品に比べるとプログレ風味を取り戻したようだ(言葉の意味でプログレッシヴかどうかは??だが)。フローゼ親子を中心にSAXのLinda Spa、その他ゲストメンバーという編成になる。

The Millennium Years,1997-
インディ系?、TDI Musicレーベル時代になり、リリース頻度が大幅に増えます。でも、ほとんど聴いてない.....お薦め作品(プログレファンとして満足できる可能性があるもの)がありましたら、教えてください。発掘音源集として "Classics Edition" やBox Setも幾つかリリースされている。


BACK