1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6


Prince
Batdance / 200 Balloons (1989)

Paisley Park / Warner Bros. 9 21257-2 - total time 18.23


  1. Batdance (The Batmix) 7.20
  2. Batdance (Vicki Vale Mix) 5.57
  3. 200 Balloons 5.05

オリジナルバージョンは3部構成のコラージュ的な作品であり、このシングルは、それぞれのパートを拡張したような構成。ただし、ノンストップではない。#1は冒頭のエレクトリック・ギターと台詞は無し。パーカッシブなリフレインからスタートするが、キーが低いみたい。そのまま順当に盛り上がり、第2章に続くことなくフェイドアウト。 #2は第2章からスタート。1990年のツアーで演奏されたのは、この部分。そのままずっと続いていき、フェイドアウト。 #3は第3章の元ネタのような曲。7"シングルやThe Hits / The B-Sidesでも聴ける。


Prince
Partyman / Feel U Up (1989)

Paisley Park / Warner Bros. 759 921 330-2 - total time 12.48


  1. Partyman (Video Mix) 6.17
  2. Feel U Up (Long Stroke) 6.30

#1はビデオクリップでもおなじみの、完全バージョン。 後半の畳み掛けるような盛り上がりが圧巻で、キャンディ・ダルファーのサックスも話題になった。
#2はアルバム1999の頃には作曲されており、このバージョンは未発表アルバム Camille 収録予定だったとされる。 ここに収録されたLong Strokeが、完全バージョン。 どちらも、このCDでしか聴けない。


Prince
Partyman Remixes (1989)

Paisley Park / Warner Bros. 921 370-2 - total time 20.18


  1. Partyman (The Purple Party Mix) 6.06
  2. Partyman (Partyman Music Mix) 4.35
  3. Partyman (The Video Mix) 5.42
  4. Feel U Up (Short Stroke) 3.43

企画盤っぽいリミックス。#1は冒頭からサンプリングの嵐で、やはりここが一番の聴き所だろう。 リミックスは、やや音数を抑えて、渋目な印象。#2は#1のインストバージョンで、更に地味な感じ。 このCDは、これにて終了。残り2曲は途中でフェイドアウトするだけの無意味なトラックである。


Prince
The Scandalous Sex Suite (1989)

Paisley Park / Warner Bros. 9 21422-2 - total time 30.22


  1. The Crime 6.28
  2. The Passion 6.19
  3. The Rapture 6.32
  4. Sex "the 80's are over and the time has come 4 monogamy and trust" 7.01
  5. When 2 R In Love 4.00

紹介予定


Prince
The Future / Electric Chair (1989)

Paisley Park / Warner Bros. 7599-21570-2 - total time 12.28


  1. The Future (remix) 6.44
  2. Electric Chair (remix) 5.33

紹介予定


Prince
The Arms Of Orion / I Love U In Me (1989)

Paisley Park / Warner Bros. - total time


  1. The Arms Of Orion (LP-Vers.) 5:03
  2. I Love U In Me (previously unreleased) 4:12
  3. The Arms Of Orion (edit) 3:52

タイトル曲はアルバムとなんら変わらず、音源としての魅力はない。 カップリングの I Love U In Me はボーカル多重録音バラード。 ただしファルセットボイスは無し。 この曲は The Hits & The B-Sides で聴ける。 なので、CD整理時に手放してしまった。






<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT