Prince and The New Power Generation
O(+> (Oct 1992)

Paisley Park/Warner Bros. 9 45037-2 - total time 74:47


  1. My Name Is Prince 6:38
  2. Sexy M.F. 5:25
  3. Love 2 the 9's 5:45
  4. Morning Papers 3:57
  5. The Max 4:31
  6. Segue 0:21
  7. Blue Light 4:38
  8. I Wanna Melt With U 3:50
  9. Sweet Baby 4:01
  10. The Continental 5:31
  11. Damn U 4:25
  12. Arrogance 1:35
  13. The Flow 2:26
  14. 7 5:13
  15. And God Created Woman 3:18
  16. 3 Chains O' Gold 6:03
  17. Segue 1:29
  18. Sacrifice of Victor 5:41

Prince and The New Power Generation 名義の第2作目。 アルバムタイトルは音読不能な記号 O{+> であり、通称ラヴ・シンボル(The Love Symbol Album)と呼ばれていた。 この名称は定着しており、発売から時間が経った今でも通用する。

CDリリースにあたっては、プラケースに記号 O{+> が金色で印刷され、 金ラメのボックス入りバージョンもリリースされた。 プラケースの印刷は、いつの間にか無くなってしまったが。。。

このアルバムは、セグエ(Segue)と呼ばれる寸劇をはさんで展開する。 もともと2枚組みの大作として企画されたが、セールス上の都合で、セグエの大半が省略され、1枚にまとめられたとのこと。 カットされたセグエは、Blue などのブートレグで聴くことができる。

アルバムは曲数が多く、ややまとまりに欠くので、通して聴くには集中力が続かない。 しかしながら、前作に比べると野心的なトラックが多く、個々の楽曲も良く出来ている。 聴き所をざっと紹介する。

冒頭の「オラの名はプリンスだよ、ファンキーなんだお」は、今更感のあるタイトルだが、のちに「プリンス」名義を記号 O{+> に変更する布石とされている。 I wanna be your lover を始めとするサンプルを多用した、大音量で攻撃的なファンク。 少々ウルサいので、2曲目からスタートしまうことも。。。

2曲目の Sexy M.F.(セクシーマザーファッカー)は本作からの1stシングルで、Prince & The N.P.G. での来日公演でも先行披露された。 サンプリングなどのエレクトロニクスは一切使用しないで、純粋にバンドで勝負したファンクナンバーだが、 当時の煌びやかなポップスに比べると、地味に聴こえてしまう所為か、ヒットはしなかった。 しかし独特の節回しと刺激的な歌詞との相乗効果で、今聴いてもインパクトは十分あり。 オンエア用に、"F"で始まる言葉を省略したクリーンバージョンもリリースされている。

Love 2 the 9's と Morning Papers も素朴な作りながら、味わいのある名曲である。 初期作品を髣髴とさせる前者、シングルカットされた後者ともに聴き所だ。

The Max 以降は色々なスタイルの多くの楽曲が畳み掛けてくる。 後の Rave Un2 The Joy Fantastic と共通のギターソロが現れるファンクナンバーの The Max, 貴重なレゲエ曲でライブでも人気の Blue Light, La La La He He Hee をサンプルした I Wanna Melt With U, 恥美的な名曲バラード Sweet Baby や Damn U などなど。

Arrogance から 7 へのメドレーで、クライマックスへ突入。 シングルカットされた 7 は「7つの大罪」に因むらしい。 聴き所は 3 Chains O' Gold である。 プログレッシブロック、あるいはQueenのボヘミアン・ラプソディを連想する力作で、めまぐるしく変わる奇想天外な展開に翻弄される。 スリリングな逸品だ。

ラストの「勝者の犠牲」。 この曲に因んで O{+> は Victor と読むのだ、との説が流れたこともある。 結局は The Artist Formally Known As Prince で定着したので、そのまま忘れ去られたが。 エンディングの漂うようなシャウトは円環構造のようでいて、そうではない。 5曲目 The Max のイントロに対応しており、謎めいているかなぁ。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT