The N.P.G. Orchestra
Kamasutra overture (1996-1998)

total time 40:49

  1. Kamasutra 11:47
  2. Overture 1 : The Ever Changing Light 2:58
  3. Overture 2 : The Plan 2:01
  4. Overture 3 : At Last... "The Lost Is Found" 3:37
  5. Overture 4 : Cutz 3:02
  6. Overture 5 : Kamasutra/Eternal Embrace (part 1) 2:27
  7. Overture 6 : aka. Kamasutra/Overture #8 3:10
  8. Overture 7a : Serotonin 0:46
  9. Overture 7b : Promise/Broken 3:45
  10. Overture 7c : Barcelona 2:15
  11. Overture 8 : Coincidence Or Fate? (part 2) 0:42
  12. Overture 9 : Coincidence Or Fate? (part 1) 2:39
  13. Overture 10 : Kamasutra/Eternal Embrace (part 2) 1:34

このアイテムは、オフィシャル発売されたKamasutraを編集し、 ブートレグ Brave New World 相当の曲順(Kamasutra, overture 1-10 フォーマット)に再構成したものである。 単にトラック順を並べ替えただけではなく、曲のつながりがスムーズになるよう加工しており、一定の効果は現れていると思う。 この編集は筆者の主観によるもので、Brave New World を忠実に再現したものではない点、ご了承いただきたい (冒頭にくっ付いていたFRIEND, LOVER, SISTER, MOTHER/WIFEは、もちろん省略)。

Kamasutra overture は、ピアノ、ストリングス、シンセサイザ、ハープ、ホーンセクションで綴る、一大アンビエント・シンフォニー。 通して聴くとオフィシャルに比べ、明らかに説得力がある。シンフォ系プログレファンにもお薦め。

全体の主題を提示する長編シンフォKamasutraに始まり、優しいハープの調べに導かれてoverture 1。 そのままアンビエントなシンセにつなげてoverture 3で完結。 overture 4, 5, 6は中盤の山場。動−静−動のメリハリのある構成で、耳元で鳴るハサミが不気味なoverture 4、 叙情的なoverture 5(overture 1の別アレンジ)、Eric LeedsのSAXが格好良いoverture 6と、畳み掛けるような展開になっている。 overture 7-8は起伏のある複雑な構成。 overture 9以降はオーケストラとシンセによる、よりクラシカルなサウンド絵巻。 叙情性を高めながら静かに幕を閉じる。

以下の順序で再生すると、オフィシャル版の構成になる。

  1. Overture 2 : The Plan
  2. Kamasutra
  3. Overture 3 : At Last... "The Lost Is Found"
  4. Overture 1 : The Ever Changing Light
  5. Overture 4 : Cutz
  6. Overture 7a : Serotonin
  7. Overture 7b : Promise/Broken
  8. Overture 7c : Barcelona
  9. Overture 6 : aka. Kamasutra/Overture #8
  10. Overture 9 : Coincidence Or Fate? (part 1)
  11. Overture 8 : Coincidence Or Fate? (part 2)
  12. Overture 5 : Kamasutra/Eternal Embrace (part 1)
  13. Overture 10 : Kamasutra/Eternal Embrace (part 2)
本アイテムは個人で楽しむために制作された物ですが、 お聴きになりたい方がいらっしゃいましたら、連絡いただければ善処いたします。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT