Extended Versions 1986
Prince and the Revolution

アルバム「Parade」にて発表されたエクステンデッド・バージョンを紹介します。曲そのもののレビューは省略します。未CD化音源についてはアナログ盤を探すか、ブートCDなどで聴くほかありません。

Kiss | Love or $ | Mountains | Alexa De Paris | Anotherloverholenyohead | CD single | 末尾


Kiss / Extended Version (March 5, '86)

アルバムからのNo.1 ヒット曲。 イントロからボーカル・間奏(前半部分)、 "Kiss" コールまでは、アルバムと全く同じ。そしてExtended Versionでは壮大な「続き」を聴くことができる。間奏部分の発展形で、ひねくれたリフが次々に繰り出され、アヴァンギャルドでファンキーだ。ライブでも、度々演奏されてきた。終盤になると、男女の言い争いが被ってくる。やはりこれが完全版でしょう。

7:12
CD化済み

Love or $ (March 5, '86)

Kiss の B-side。タイトルは「Love or Money」と読むが、正確には、Loveはハート記号、Moneyはドル記号(縦線2本)で表記される。コミカルな変態ファンク・ナンバーで、映画 Under The Cherry Moon にて、比較的長時間流れている。 ピッチを50%くらい速めたような強烈なカミール声で、"Love or Money" というリフを繰り返す。後半ではホーンセクションが、ひねくれたフレーズを繰り返す。

一切のバージョンが未CD化で、The Hits/The B-Sides にも収録されていない。

6:52
未CD化

Mountains (May 21, '86)

映画 Under The Cherry Moon エンディングのスタッフロールで使われたバージョン。映画では6分弱で終わるが、ここではその続きが聴ける。アルバムバージョンの完全版。 "Hey U, Get On The Dance Floor" のMCでスタートする。イントロがアルバムよりも数小節長い。ビートもアルバムより若干重くなっているようだ。アルバムバージョンのエンディング(2回のシャウト)直後に、Let's Go Crazy のリフがマリンバか何かで演奏される。続いて、ホーンセクションをフィーチャーしたインストが、Mountains の主題を演じる。エリック・リーズのサックスやフルートをたっぷり堪能できる。最後はフェイドアウトするが、数秒の空白の後にエンディングのシンセとパーカッションが、ちょっぴり入る。

9:55
未CD化

Alexa de Paris (May 21, '86)

Mountains の B-side。メロディアスでムード音楽風のインストゥルメンタル。 リードギターの高らかなメロディが印象的。ウエンディが弾いているという説もあるが、未確認。 このバージョンの後半には、ジャズロック風の緊迫したクライマックスがある。 7inch バージョンは、この部分がカットされているそうだ。

The Hits/The B-Sides には収録されていないが、CDシングルLet It Go にフルバージョンで収録された。7inch バージョンは、未CD化。

4:55
CD化済み

Anotherloverholenyohead (July 30, '86)

この12inchも、完全版。Kiss とメドレー化するためにカットされた導入部と、急なフェイドアウトの続きを聴くことができる。基本的には、Parade ツアーのライブバージョンと似た展開。ただし、ライブでは超絶なジャズ・アレンジだったが、ここではアルバム同様、クラッパーを効かせたビートに乗って演奏される。最後は、ラップ調の歌詞が控え目に入って、途絶えるように終わる(ライブとは違う)。

7:50
未CD化

Title
Jacket

Review記事、入手性などについて

Time(参考値)
CD化状況

CD Singles

Kiss

  1. Kiss (Extended Version) 7.17
  2. Girls And Boys 5.32
  3. Under The Cherry Moon 2.56
オフィシャルCDシングル。国内のショップでは滅多に見かけなくなったが、廃盤ではないらしく、通販ならば入手できるかも。トラック2と3はアルバムと同一で、音源としての魅力はない。なぜ Love or $ ほかアルバム未収バージョンを収録できなかったのか、理解に苦しむ。

totla time : 15.46
921 188-2

Let It Go

  1. Letitgo (Edit)
  2. Solo (Album version)
  3. Alexa de Paris (extended)
  4. Pope
Alexa De Paris の12inch バージョンを収録するCDシングル。 このCDシングルは色々な形態で発売されているが、このカタログのみAlexa De Parisを収録するので、 入手にあたっては注意を要する。

total time :

上記のリリースは、全てWarner Bros.から。上記のほかに、映画で使用されたBGMや未発表曲が存在する。映画冒頭のピアノ曲は「An Honest Man」と呼ばれ、企画盤「Crystal Ball」に収録されたものの、こちらは似ても似つかない内容になっている。

筆者は12inch 盤を所有していないので、アナログ・ジャケット画像は「プリンス全曲解説」(シンコー・ミュージック)から転載しました。参考程度と捉えてください。ジャケットを一通り並べてみると、前作が非常にカラフルなものであったのに対して、モノクロに統一されたことが、よく分かる。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT