Extended Versions 1980 - 1982
Prince

アルバム「1999」までに発表されたエクステンデッド・バージョンを紹介します。曲そのもののレビューは省略します。未CD化音源についてはアナログ盤を探すか、ブートCDなどで聴くほかありません。

Sexy Dancer | Let's Work | Little Red Corvette | CD singles | 末尾


Sexy Dancer
Sorry

歌詞というよりもリフばかりのボーカル、クールなシンセ、破裂寸前のバスドラ。シンプルなナンバーだが、思わず体で拍子を取ってしまう。素直なロングバージョンだが、こちらが完全版と思われる。後半のインストパートが長く、チョッパー・ベースソロからエレクトリック・ギターに引き継がれ、唸りを上げる。そしてエレピのソロへ。更にビート強調気味のインストが続いて、最後の最後で少しだけボーカルが入り、アルバムと同様に終了。

8:50
未CD化

Sexy Dancer (Apr 1980)
Sorry

ブート「12 Inches To A Yard」に収録されるバージョン。先のロングバージョンに対するダブ・ミックス。終盤のインストをテープ編集で引き延ばした感もあるが、じっくり楽しめる。 UKリリースの12"シングルとクレジットされるが、その所在は不明であり、 フェイクの可能性もある。 12 Inches To A Yard においては、かなり強烈なスクラッチノイズがあるようで、デジタル処理でノイズ除去したとのこと。非常に曇った音。

10:42
未CD化

Let's Work (Feb 17, 1982)

USリリースの12"シングル。アルバム・バージョンを延長した演奏内容だが、おそらくこちらが完全版と思われる。イントロのリフが長く、1分30秒を過ぎてボーカルパート。延長部分はファンキービートが続き、プリンスによる「Work It ... Work It ... ハァ..ハァ..」という喘ぎ声が入って、なんだかコミカル。当時のライブでも、これをやっていた。終盤には「Annie Christian」「Controversy」のサンプルが次々に入って、轟音と共に終了。

8:06
未CD化

Little Red Corvette / Dance Mix (Sept 7, 1982)
LRC UK analog LRC German analog

Little Red Corvette(LRC)は、初期のプリンスを代表する、屈指の名曲。でも、当初は「1999」のB-sideだった。

このバージョンは、おそらくフルアレンジのトラックに、間奏部分を追加したものと思われる。 アルバムのようにフェイドインではなく、リズムトラックでスタート。数小節後におなじみのシンセ・リフが加わる。以降はアルバムに準ずるミックスだが、リズムが若干強調されている。クライマックスのギターソロの前に、コーラスと間奏が挿入される。クールなカッティング・ギターが心地良い。アルバムではシャウト中にフェイドアウトだが、ここでは、その続きが聴ける。シャウトが終わるとリズム系だけが残って、プリンスによるMC。「メイディ!」の絶叫も。しばらくクールなビートが続くが、最終的にはフェイドアウト。もちろん、アルバムバージョンよりも、こちらの方が断然好き。

8:20
CD Single 有り

Title
Jacket

Review記事、入手性などについて

Time(参考値)
CD化状況

CD Single

Little Red Corvette

  1. Little Red Corvette (Dance Mix) 8.22
  2. 1999 (Full Length Version) 6.18
オフィシャルCDシングル。国内のショップでは滅多に見かけなくなったが、廃盤ではないらしく、通販ならば入手できるかも。カップリングの「1999」はアルバムと同じで、音源としての魅力はなし。

total time : 14.41
921 184-2

上記のリリースは、全てWarner Bros.から。アルバム未収録(The Hits/The B-Sides収録)ナンバーは、以下のものがあるが、12inchバージョンの存在は確認していない。

  1. Gotta Stop (Messin' about) - B-side of Let's Work
  2. How come u don't call me any more - B-side of 1999
  3. Horny Toad - B-side of Delirious
  4. Irresistible Bitch - B-side of Let's pretend we're married
スタジオテイクは未発表ながら「Irresistible Bitch」は別バージョンが存在し、ファンキーなハウスバージョンで、メロディも一部異なる。しかも「Feel U Up」別バージョンからメドレーで続く豪華版。Purple Rainツアーのオフィシャル・ライブビデオ「Prince and the Revolution Live」で聴ける。
筆者は12inch盤を所有していないので、ジャケット画像は「プリンス全曲解説」(シンコー・ミュージック)から転載しました。またバージョン名もあやふやなので、アドバイスいただければ幸いです。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT