pp nmlk
Pete Namlook & Jochem Paap

[ I ] [末尾]


pp nmlk (15 March 2004)

Speedy J 名義で知られるヨケム・パープとの初の共演作品。 2003年初頭からリリース情報があるものの、待つこと約1年、満を持して発売された。 内省的でクールなPaapソロ作 Vrs-Mbnt-Pcs 9598 に比べ、実験的な電子ノイズが使われている。 なお、タイトルは母音(a,e,i,o,u)を綴りから取り除いたもの。 英語力自慢の方、補完してみてください。

PW46 - total time : 61.03


#1はドローンをバックに、パルス状のノイズがリズムとなってリピートする。 少しばかりovalを連想するかもしれない。 #2は重厚なベースが唸りをあげるミニマル。 絶妙な電子パーカッションと変態電子ノイズが出入りする、起伏のあるトラックになっている。 #3は、ややアップテンポなリズムパートに緊張感あるドローンが絡む。 #4ではメカニカルなリフレインが淡々と刻まれる。 奇妙な装置群の影に潜む「何か」。子供たちに聴かせると「天空の城ラピュタ」とか言ってたけど。
非ドラムマシン系のリズムパートが秀逸なIDM作品集。 明快なレフレインは有るものの、メロディは希薄。 独創的なサウンドの傑作アルバムといえるだろう。 nature at new world / cyborg on surface / surface mittion / call to me friend 正解??
  1. ntr t nw wrld 5.01
  2. cbrg n srfc 18.25
  3. srfc mttn 12.58
  4. cll t m frnd 24.37

FAX +49-69/450464
関連盤 : Vrs-Mbnt-Pcs 9598

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT