Namlook XVI - XX
Pete Namlook

[15 以前] [ 16 ] [ 17 ] [ 18 ] [ 19 ] [ 20 ] [21 以降] [末尾]


Pete Namlook
Namlook XVI - New Organic Life (2001/02/15)

PK08/156 - total time :


  1. Genetic Drift 5.45
  2. Molecular Progression #1 9.55
  3. Klanglabor 20.13
  4. Molecular Progression #2 1.32
  5. Olan 5.00
  6. Entity 2840 3.00
  7. Reakton 1.42
  8. New Organic Life 5.36
  9. Giant Insects 8.16

後の3部作形式の魁といえる作品。 もちろんリリース当時は、これが3部作であるとは予想できなかった。 この時期は、Beat oriented と呼ばれる親しみやすい作品が主流だったが、心機一転、極めて実験的な仕上がりになった。

反音楽的なノイズがゴボゴボ鳴ってる、やや下品な作風で、好き嫌いがはっきり分かれるサウンドだ。 ほぼ全編、ぐぉーーっ、ぐわぁーーっ、という「新有機生命体」の唸り声のような電子音。 飛行機のジェットエンジンみたいという説もあるけど。

メロディ、和音、音階、リズムと呼べるものは皆無。 シンセによるノイズ。 Tangerine Dream / Zeit の2曲目以降をメタリックにした感じでもある。


Pete Namlook
Namlook XVII - New Organic Life II (2001/09/10)

PK08/159 - total time :


  1. In the Beginning There Was Grain 2.49
  2. In and Out of Zoom 3.35
  3. Jet - Final Test 9.18
  4. Molecular Progression #3 2.35
  5. Pixel Party 3.34
  6. Airport Freak 6.37
  7. Take Me With You to the Stars 6.09
  8. Inun 6.22
  9. Sundance of the Microbes 4.35
  10. Genetic Synthesis 6.50

あまりにハードな作風に、思わず「のけぞった」New Organic Life、まさかの2作目。 前作と同一コンセプトで、全編ノイズ。 50分間、ごーーっ、ごーーっ、っと鳴るだけ。

前作同様、ZEITのローパス・フィルタを開いたようなノイズが続く。 ただし、リバーブの深いコズミック・サウンドではなく、異様に生々しいサウンドだ。 だから、ゴォォォーッ、というより、グ・ゴ・ゴ・ゴ、ゲ・ゴ・ゴ・ゴってな感じ。 押しては返す、ノイズの息吹き。 途中で一瞬、ブレークビーツを刻んで、驚くけど。 曲分けは無いに等しい。 音程感も皆無。


Pete Namlook
Namlook XVIII - New Organic Life III (2002/10/28)

PK08/166 - total time : 58.04


  1. Pixelconference 7.35
  2. Nocturnal Right Environment 5.59
  3. Grainology 1.53
  4. Organic Engine 11.28
  5. Interview with New and Native Organic Life 13.44
  6. Russia's NOL in Space 12.17
  7. Grain City 5.06

ようやくフィナーレを迎える New Organic Life III は、予想通りノイズ。 これまでのゲボゴボしたノイズから、シュワーッという感じに変わったといえば変わったかも。 なかには新機軸っぽいトラックもある。

前作よりも全般にリバーブが深くなったのか、耳当たりの良いノイズかもしれない。 曲分けも、きっちり行われている。 #2は単音のベース・パターンあり、ちょっと音楽っぽく聞こえる。 お薦めは、新機軸の#5。 コズミックな静寂のなかで、電子音がフニフニとチャットする、 ちょっとした異次元サウンドを堪能できる。曲名も、洒落かなぁ。 他は相変わらずの「ゴーッ」である。

この作品以降、1年半に渡って、Main Label と World Label からのリリースが停まる。 理由は、レコーディング・スタジオの移転であったが、 邪推ながら、サウンドメイキングに行き詰まりがあったのかもしれない、と思っている。


Pete Namlook
Namlook XIX - Music for urban meditation (2004/02/16)

PK08/167 - total time : 62.00


  1. Music for urban meditation Part I-VII (14.09 13.36 9.04 4.17 6.16 4.38 9.56)

NOL III以来、1年4ヶ月のインターバルを置いてリリースされた、Main Label の連番作品。 ほんとにほんとにお久しぶり、お帰りなさい、と言いたいくらい。 キーワードはリスナーを突き放すようなドローン(DRONE)。 1時間ノンストップのサウンドエフェクト作品だ。

冒頭からブーン、グェーと持続音が鳴り続ける。展開も何もなく、単音階がひたすら鳴るばかり。 Part2では、パーカッションらしきものがカリカリ、ブーン。 Part4では、奇妙な効果音(虫の声?)がキリキリ鳴ってブーン。 各Partごとに多少雰囲気が変わるものの、最後まで大体同じ感じ。 最終章だけは、空ろなパーカッション・ミニマルが流れるが、メロディやコードらしきものは皆無。 音楽としての体裁をほとんど成さない、コアな逸品である。 本当は各パートごとdisc 1枚分あって、今回のリリースのために編集された?と思えるほどだ。 異次元の精神世界から聴こえてくるかのようなドローンを堪能しよう。


Pete Namlook
Namlook XX - Music for urban meditation II (2007/04/16)

PK08/177 - total time : 79.06


  1. Casella 1 14.05
  2. Casella 2 9.01
  3. Casella 3 8.50
  4. Orange Ring 17.07
  5. Blue Tube 5.34
  6. Wind of Steel 8.03
  7. Gravel Rain 9.15
  8. Air Current 7.11

Music for urban meditationもシリーズ化され、3年余りのインターバルを置いてリリースされた。 前作ほどの極限的雰囲気はなくなり、変化のあるサウンドになった。 このアルバムは3部構成で、トラック#1-#3, #4-#5, #6-#8が連続している。 本作から、DTS仕様の2枚組みになった。

基本的にはドローンであるが、サウンドエフェクトが随所に盛り込まれた。 曲展開もあり、退屈することはない。 演奏時間も20分から30分に区切られたので、聴きやすくなった。 ただし、どのセクションも大差はない。



Namlook 16
Namlook 17



Namlook 18
Namlook 19



Namlook 20

FAX +49-69/450464
関連盤 :
Seasons Greetings | Atom
<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT