Glitch
Dan Nigrin and Bump Stadelman

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [6 以降] [末尾]


Glitch
Glitch - Inertia (1994/07/05)

PW04 - total time : 59.26


  1. Surge 5.01
  2. Torsion Control 4.58
  3. Closed Mind 4.03
  4. Mind Expander 5.12
  5. No303oN 3.58
  6. Love Remains 6.04
  7. Electra Rising 5.24
  8. Skeletorsion 4.27
  9. Throbbing Dream of Tangerine Gristle 5.12
  10. Thought Signals (Live) 14.38

Dan Nigrin と Bump Stadelman のデュオ、Glitchの作品。 FAXレーベルでは唯一のCDで、次回作として Out of Sync (Defective Records DR005) がリリースされているが、詳細不明。 本作は World Label (PW) カタログだが、Pete Namlook 本人は制作に直接関わっていない。 したがって本来は、Sub Label (PS) カタログに分類されるべき作品である。

作風はハード・ミニマル・テクノで、ワンリフ、ワンコードの曲が多い。 シーケンスが走るトランステクノからハウス、あるいはファンク寄りのバリエーションもある。 初期テクノなりに、音の処理が粗いところもあるが、スリリングに仕上がっている。 個人的には抑え気味の#9がお気に入り。

ラストナンバーはアンビエント。 ほとんどシンセベース・シーケンスのような作品だが、 ティンパニーやクラシカルなシンバルなど、大げさなパーカッションとの組み合わせが面白い。 徐々に加速しながらクライマックスへと向かう、味のあるトラックだ。

蛇足ながら、比較的最近まで Interia と誤読していたことを白状しておきます。

FAX +49-69/450464

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT