Gamma
Massimo Vivona & Dr. Atmo

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [6 以降] [末尾]


Massimo Vivona & Dr. Atmo
Gamma (01 Nov 1993)

PS08/30 - total time : 75.50


  1. Attuale 10.35
  2. Katanga 20.04
  3. Spirituale 21.26
  4. Speltrum 10.28
  5. Intelletuale 13.15

初期Sub Labelの常連 Dr. Atmo と Massimo Vivona (Gorn)による競演作品。

アンビエント・ハウス、トランスなど、明確なビートのある作品だ。 初期作品 Glitch - Inertia や Gorn の流れを汲むが、 本作では、じっくり聴かせるような長尺トラックが多い。

このアルバムは、円環構造(#5 = #1 のダウンテンポ版)になっている。

#1と#5の導入部は、全く同じシンセドローン(みょ〜〜ん)であり、聴き分けられない。 #1では、高速シーケンスとメタリックでアンビエントなビートが入ってくる。 四つ打ちダンスビートとシーケンスのアンサンブル。 そして#5ではシンセベースとシーケンスによるアンビエントになる。 終始鳴り続けるシンセドローンが絶妙だ。Dr. Atmoらしいサウンドである。

「たん・たん・かぁ」で始まる#2から#4は「かんたか」3部作。 「かんたかぁ」コールが随所に現れる。 ミディアムテンポの#2、重厚でファンキーな#3、そしてクールでアップテンポな#4。 どの曲も似通ったフレーズが使われるが、トータル50分以上あり、やや間延びしてしまってるのが残念なところ。

FAX +49-69/450464

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT