Bedroom
Daniel Pemberton

[ I ] [末尾]


Bedroom (21 November 1994)

作者のDaniel Pembertonは主にTVやファッションショーのサントラを手がけているらしいが、詳細不明。 FAX関連ではOctopus 3にてクレジットされている。 他にNinja TuneレーベルからExtreme Possibilities(Wagon Christ mix) などの作品をリリースしている。 本作Bedroomは、おそらくスタジオで録り溜めたであろう色々なモチーフやノイズが「ごった煮」になっており、 脈絡のない楽しさを味わうことができる。

PS08/62 - total time : 74.04


ノイズ、変態電子音、演説、美しいストリングシンセ、ニューエイジっぽいシーケンスなど、 あらゆるエレメントが現れては移り変わる、ノンストップ大作組曲。 終盤、FAXには珍しいロック調のドラムスが現れ、無音に続いて異様な電子音、さらに無音を経て子供たちの声で終わる。 聴き応えも十分だが、モノラルっぽいミックスが残念なところ。
  1. Phoenix 5.04
  2. Basement 3.34
  3. Submerge 4.20
  4. Phosphine 9.42
  5. Antarctica 6.34
  6. Orange Sludge 4.13
  7. Igloo 4.33
  8. Lost Caves 9.52
  9. Leaving 6.34
  10. Voices 2.32
  11. Moderob 5.20
  12. 3:51 - Hello? 4.26
  13. Novelty Track 2.30
all tracks written by Daniel Pemberton except 8, 12, 13 by Pemberton/Speed



Bedroom 見開き

FAX +49-69/450464

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT