The Fires Of Ork
Pete Namlook & Gier Jenssen

[ I ] [ II ] [末尾]


The Fires Of Ork (1993/09/20)

ゲイル・イェンセンはノルウェイ出身のアーティストで、Biosphere 名義での活動が知られている。 アルバムは、Shenzow, Substrata, Cirque, Insomnia など(いずれも未聴)。 本作は初期FAXの名盤で、オリジナル盤は入手困難。音だけならApolloレーベルからのリイシュー盤で代用可能(ジャケは変更されている)。 渋谷WAVE Loft館(当時1階)で売ってたので買うつもりでいたら、お店が最上階に移転してしまい、そのときに処分されてしまった模様(とても悔しい)。しばらくしてWAVE Quatro店消滅。合掌。

PW07 - total time : 65.44


#1はサイン波の効果音がきらびやかなトランステクノで、典型的な初期FAXサウンドに仕上がっている。 #2もサイン波のリフレインを基調とした、翳りのあるアンビエント作品である。 #3から幾分明るくなり、女声演説の入るトランス・ナンバー。Dangerous Meditate に浸ろう。 #4は叙情的なリフレインとストリングシンセ、ピアノ、ゆったりとしたパーカッションによるファンタジックな名演。 霧の森をさまようような映画音楽的な雰囲気だ。#5はタイトルどおり#1の別バージョン。よりダンサブルで煌びやかな仕上がりだ。 時折聞こえる台詞は、映画 Blade Runner からのサンプルとのこと。
Burning with the fires of Ork....
  1. The Fires of Ork I 7.45
  2. Gebirge 21.23
  3. Talk to the Stars 11.38
  4. The Facts of Life 18.26
  5. The Fires of Ork II 6.25


The Fires Of Ork 2 (2000/11/13)

Fires of Orkシリーズの、久しぶりの2作目。全編ノンビートで内省的なアンビエント。軽やかなシーケンスが流れる美しい作品だが、2曲目だけは性格が異なり、暗いサウンド。最近はビート優先の作品が目立つので、アンビエント作品が新鮮に聞こえる。

PW44 - total time :


レビュー予定
  1. In Heaven 9.51
  2. When the Night Was Black 10.05
  3. Sky Lounge 9.42
  4. A Way to Focus the Mind 11.21
  5. Nouvelles machines 12.21

FAX +49-69/450464

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT