Oskar Sala

Salaは1910年にThueringen州Greizに生まれ、1930年代にベルリンにて、 フリードリヒ・トラウトバイン(Friedrich Trautwein)と共に 初めての電子楽器トラウトニウム(Trautonium)を開発。 後の1952年、2声部のミクスチュア・トラウトニウム(Mixtur-trautonium)を完成した。 トラウトニウムは、横木の上に張った鋼線を押して演奏するもので、フレットレス/フレット有りなど応用が利くらしい。 Salaは、アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)の「鳥(The Birds)」をはじめ、数々の映画音楽を手がけている。「鳥」収録の効果音(鳥の鳴き声やはばたき)は、トラウトニウムで録音されたそうだ。 2002年2月28日、他界。享年91歳。

[ I ] [ II ] [末尾]


My Fascinating Instrument (1995/05/29)

未入手・未聴

PS08/76 - total time :


  1. Fantasie-Suite en drei Satzen fur Mixturtrautonium Solo 20.49
  2. Rede des toten Christus vom Welgebaude herab, das kein Gott sei 12.21
  3. Largo 4.44
  4. Fanfare 1.09
  5. Impression Electronique 6.38
  6. Elektronishe Tanzsuite 16.04
  7. Demonstration (Live-Version) 7.00


Subharmonic Mixtures (1997/02/03)

SORRY
この作品紹介は、掲載予定です。

PS08/85 - total time :


レビュー予定
  1. Langsames Stück und Rondo für Trautonium (1935) 5.24
  2. Caprice Rubato 5.08
  3. Caprice with Variations 12.32
  4. Trio-Caprice 8.55
  5. Glissando-Caprice 4.33
  6. Caprice with Sound Levels 6.56
  7. Agitato, Lamentoso, Furioso 6.46
  8. Saitenspiele und Tonbandkunste 3.13
  9. Ostinato mit Fanfaren 4.31
  10. Chaconne electronique 7.39
  11. "The Strangler of Blackmoor Castle" (excerpt) 12.31
all tracks written by Oskar Sala except 1 written by Paul Hindemith

FAX +49-69/450464

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT