In Starless Space
David Reeves

[ I ] [末尾]


In Starless Space (1995/07/03)

David Reeves について検索したところ、 同姓同名のヒットが非常に多く、詳細不明。 絞り込むことができれば、追って掲載したいと思う。 作品傾向は、やや暗めのトランステクノだが、Starless というほどダークではない。

PS08/74 - total time : 59.45


#1は大半が無音に近いトラックで、時折、曇った電子音や人の声がする。 電子音が持続的になると#2。暫らくは電子音のうねりだが、次第にシーケンスが駆け巡る。 質感としては、Cluster II をリズミカルにした感じ???
#3は、強烈なクリックノイズが現れ、あまり気持ちの良いものではない。 #4の前半は、銀河がどうのこうのという演説が聞こえる。 #5では、クリックノイズが奇妙なリズム隊に強烈な乗って、空ろなパーカッションが鳴り響く。 #6は、ガサゴソ・リズムの導入部からアナログ・シンセベースのシーケンス。Seasons Greetings - Autumn 終盤の盛り上がりに、よく似ている。最後の1分は、クリックノイズに続いてホワイトノイズの大津波がやってくる。 以降も大体同じイメージだ。
  1. Message Fragment 2.11
  2. Luminous Flightpath 10.38
  3. The Termite Oracle 7.03
  4. NGC 1961 7.45
  5. Free-cyanitic 5.44
  6. Aurora 7 7.24
  7. Catalytic 8.45
  8. Starless, Endless 10.13

FAX +49-69/450464
関連盤 : Otras

<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT