Mike Oldfield
Platinum (original edit) (1979)

total time 52:18


  1. Platinum :
    Part1 Airborne 5:06
  2. Part2 Platinum 6:06
  3. Part3 Charleston 3:17
  4. Part4 North Star / Platinum Finale 4:48
  5. Woodhenge 4:05
  6. Sally 5:00
  7. Punkadiddle 4:57
  8. I Got Rhythm 4:45
  9. Bonus Track :
    Into Wonderland 3:41
  10. Punkadiddle (live) 5:41
  11. I Got Rhythm (remix from Impressions) 4:52

プラチナムといえばサリィである。 この曲は、リチャード・ブランソンの悪戯で他の曲(Into Wonderland)に差し替えられてしまい、1stプレスのLPでしか聴くことができない。 プレス枚数は3万枚程度といわれ、僅かな数しか国内上陸していないと思われる。

1stプレスLPの入手は極めて困難になっているが、サリィを聴くだけなら、ネット上で音源を見つけることができる。 プラチナムをアルバムとして味わうなら、元祖サリィ込みで通して聴くべきだが、これが意外と難しい。 ネット音源は大抵の場合、イントロやパンカディドルへのつながり(メドレー)が、バッサリ切られている。 メドレー音源も有るには有るが、あまり音質が良くなかったりする。

おそらく、多くの方々が、 通常のCD音源 に元祖サリィを入れようとしたのではなかろうか? 筆者も以前トライしたが、元祖サリィからパンカディドルにつなぐタイミングが変になってしまう (ミッシングリンクがあるらしい)。 また、音質(良し悪しではなく、マスタリング)の差異もあって、これまた違和感が激しい。 針ノイズもあるし、上手くいかないなぁ、と諦め状態になっていた。

しかし、(The Comprehensive Collection Of) Singles & Rarities なるブートレグ音源入手により、 「CD音質に近く、針ノイズがクリーンな」元祖サリィを使えることになった。 ただ、音圧が高いうえに高域シフトしているっぽいので、イコライズとレベル調整を入れてみた。 この音源は、メドレー部分まで収録されているが、やはり編集されているのか、タイミングが不自然。 仕方ないので、メドレー音源でタイミングを計測し、ミッシングリンク部分をコピペ補完して、ほぼ聴くに堪える仕上がりになった。

これで、元祖プラチナムを体験できるぞ。
これを聴いてしまうと、もう通常CDは聴けなくなる。
極めて遺憾ながら、Universal Musicからのリイシューでも、この問題は解消されない見込み。 よって、この編集版の役目は終わらない。

ボーナストラックについて)
これまでの経緯で過少評価されがちながら、実は良曲のInto Wonderland をボーナストラック収録。 ここではエンディングの「残響」が長くなるよう編集している。 Punkadiddle (live) はシングルFamily Man のカップリング曲。 後半のノンビート部分が長くなっている。 「Punkadiddleは、ここから始まりなのね」というのが、よく判る音源。 I Got Rhythm のリミックスは、企画盤Impressions に収録されたもの。 いまのところ残念ながら、あまり良い音源を入手できていない。 (The Comprehensive Collection Of) Singles & Rarities から収録。

本アイテムは個人で楽しむために制作された物ですが、お聴きになりたい方がいらっしゃいましたら、連絡いただければ善処いたします。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT