Mike Oldfield
[末尾]


Platinum (1979)

Incantationsに続く、5番目のスタジオ・アルバム。サウンドはこれまでと大幅に変わり、非常にポップになった。当時流行したフュージョンやディスコなども大胆に取り入れられている。実際のところ、大掛かりなコンサートツアーで発生した赤字を解消するために、ある程度のセールスが必要だったらしい。当時の国内盤アナログのキャッチコピーは「初心者のためのマイクオールドフィールド」だったと思う。 現在出回っているCDは、オリジナル録音に含まれる Sally がカットされ、into wonderland に差し替えられている。従って、Hergest Ridgeと同様に未CD化作品と言える。詳細は後述

Virgin CDV 2141 - total time : 37.41


  1. Platinum :
    Part1 Airborne 5:05
  2. Part2 Platinum 6:06
  3. Part3 Charleston 3:17
  4. Part4 North Star / Platinum Finale 4:49
  5. Woodhenge 4:05
  6. NOT Sally (into wonderland) 3:46
  7. Punkadiddle 5:46
  8. I Got Rhythm 4:44

全般に、やや軽目なアレンジで、薄く粗削りな音作り。他の作品に比べると、聴き劣りしてしまうのは否めない。それに追い討ちをかけるような、Sally のカット編集は、アルバム後半の流れを大きく損なっている。楽曲のレベルは例外なく高いのだが。。。

Airborne(飛行中の)
序盤のベースは次回作の牡羊座シリーズに続く。また、3:26頃に現れるフレーズは、オリジナルSallyのメインコーラス部分。この曲からトラック4まではPlatinamという20分足らずの長編。
Platinum(プラチナ)
マイクのギターで綴るファンク・ナンバー。
Charleston(チャールストン)
Peter Gordon and Michael RiesmanによるホーンセクションとIncantationsを思わせるフレーズが交錯するディスコ・ナンバー。途中の気合の抜けた女声コーラスはDavid Bedfordのアレンジ、ということになるのかな?
North Star(北の恒星)
ミニマルの巨匠、フィリップ・グラスPhilip Glassのカバー曲。大幅なアレンジが施されており、前半部のギターソロはマイクのオリジナルと言っても良い程。終盤のコーラスが、かろうじて元曲のイメージをとどめている。
Woodhenge(ウッドヘンジ)
パーカッションを主体とした、妖しい雰囲気のインスト。終盤に、サリー・クーパーによるチューブラーベルの響きと共にオリジナルSallyに続くはずだったが....
NOT Sally(偽サリー)
前曲に被さるように始まる、たった、たった、たった、たった、、というイントロはオリジナルSally。0:06、テープ編集の跡があり、シンセがミョーンと鳴る。ここからが「into Wonderland」。この曲はSallyを編曲し直したもの。ボーカルは(たぶん)ウエンディ・ロバーツWendy Robertsで、なんだかフワフワした、気合の抜けた曲。途中、初期ヒット曲ポーツマスを連想させるキーボード・ソロなど聴き所はあるが、一度でもオリジナルSallyを聴いてしまうと。。。ラストの歌詞「I Love You ....」に続いて一瞬の空白、そして.....
Punkadiddle(パンクなドタバタ)
強烈なカットインでいきなり始まるこの曲は、Incantationsの変奏によるギターソロと、オリジナルSallyメインコーラスがインストゥルメンタルで畳み掛けてくる。 でもこれは、オリジナルSallyのエンディング。 0:50、ここからが本来のパンカディドル。次回作、牡羊座のテーマとともに、ほいっ、ほいっ、うわーぁ、っと掛け声が入る、コミカルな曲。
I Got Rhythm(リズムを受け取りました)
本作の締めを飾る、落ち着いた雰囲気の曲。カバーバージョンですが、私はその素性を知りません。

Sallyについて)
当時の恋人、サリー・クーパーSally Cooperに宛てた、私的な曲とされています。 メインコーラスの歌詞は、Sally, I'm just a gorilla, I say, I love you ever more ...というユニークなもの(gorillaには、醜い男性という意味もあるらしい)で、マイク自身がボーカルをとります。マイクのボーカルは上手くないとされますが、この曲では多重録音やエフェクト処理(ボコーダっぽく聴こえる)が施され、むしろ良い味わいを出していると思います。本来は、次トラックPunkadiddleがノンストップで続き、後半の山場を形成する、非常に重要なトラックだった。蛇足ながら、Grand Funk にも Sally という曲があるが、無関係。これは、Sally, you know I love you baby...という調子。

この曲はオリジナルのアナログ盤ファーストプレス約3万枚に収録されたが、Virgin社長のリチャード・ブランソンがこの曲を好まず、セカンドプレス以降「into wonderland」に差し替えてしまった。 当時の国内盤LPも時既に遅く、中身はinto wonderland。 現在出回っている全てのCD(含HDCD)も、into wonderlandが収録される。 しかもCDでは、質の悪いことに「Sally」とクレジットされている。 amazonなどの通販リストに、[Original Recording Remastered]なる物を見つけたが、 試聴コーナーで確認したところ、偽りであると判明。 現CDは、into wonderland を聴くために押さえておくべき。

Sallyの聴き方)
1) ファーストプレスLPを入手する、または所有者から聴かせてもらう、またはダビングしてもらう。
2) ブートCD Balm For The Walking Dead (ナントカbig fat snakeからのコピーらしい) で聴く。Punkadiddleとのメドレーで収録されるが、音質は若干落ちる。
3) ネット上に出回るMP3を入手する。筆者が入手した音源は、音質は良いが、イントロやPunkadiddleへの続きがばっさり切られている。波形編集ソフトを使って、Punkadiddle(CD版)の接続を試みたが、瞬間的な「欠け」があるようで、上手くいかない。



オリジナルジャケット
裏面



CDV 2141 (従来版CD)
HDCD

従来版CDおよびHDCDではトリミングというよりも、ズームアウトされている。恒例の、超巨大なタイトル文字が目障り。 オリジナルデザインの 画像提供はFUJITSUKAさんです。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT