Mike Oldfield
Ommadawn deluxe edition (June 2010)

Universal UICY-91572 total time 51:17 + 53:38 review bottom (執筆中)


CD 1
51:17
  1. Ommadawn Part One (2010 Stereo mix by Mike Oldfield) 19:05
  2. Ommadawn Part Two (2010 Stereo mix by Mike Oldfield) 17:25
  3. In Dulci Jubilo 2:52
  4. First Excursion 5:54
  5. Argiers 3:59
  6. Portsmouth 2:01
CD 2
53:38
  1. Ommadawn Part One (Original 1975 Stereo Mix) 19:12
  2. Ommadawn Part Two (Original 1975 Stereo Mix) 17:16
  3. Ommadawn Part One (Lost Version 1975) 17:10
DVD
  1. audio: Ommadawn Part One (5.1 Surround mix by Mike Oldfield)
  2. audio: Ommadawn Part Two (5.1 Surround mix by Mike Oldfield)
  3. visual: In Dulce Jubilo
  4. visual: Portsmouth

Tubular Bells deluxe edition 発売から約1年遅れて、Hergest Ridge と Ommadawn の deluxe edition が同時にリリースされた。 このセットも Hergest Ridge と同様に複数の形態で発売された。 詳細は Hergest Ridge deluxe edition のコーナーを参照ください。

2010 Stereo mix by Mike Oldfield)
楽器の追加変更や、強めのサウンドエフェクトを入れた部分もあるが、オリジナルの印象を根本から変えるものではない。 曲構成の変更もない。 Part1の気になる変更は、3:50頃からバックに流れるディストーション・ギター、その直後に現れる「普通の」ドラムス(オリジナル版でも隠し味として使われている)、 そして11:58のダブ的なエフェクト。このエフェクトは「過ぎたるは及ばざるが如し」である。 でも、クライマックス部の明瞭なサウンドは、さすがに2010ミックスというだけある。 Part2に関しては特に気になる点はなく、好感度が高いミックスと思う。 バグパイプのソロパートは、より存在感を増して、演奏のニュアンスがはっきり聴き取れるようになった。 On Horseback ではリードボーカルが前面に出てきている。

In Dulci Jubilo 〜 Portsmouth
Boxed 収録曲(David Bedford 関連作品と Speak - Tho You Only Say Farewell を除く)のリマスター。 ミックス変更などは無さそうだ。

Original 1975 Stereo Mixes)
オリジナル版の最新リマスター。 以前のHDCDリマスターから若干の音質向上が見られる。 ただし、HDCD版よりも僅かにピッチが速いようで、それに伴って演奏時間が数秒短くなっている。 またPart One 終盤のフェイドアウト・カーブが変更されており、最後のカットアウトが目立たなくなっている。

Previously Unreleased Lost Version 1975)
Ommadawn Part1 の制作過程を収録した、驚きのロストバージョン。 女性コーラスをバックにした、繊細な導入部でスタートするものの、ダイナミックに曲想を変えていくので、実に新鮮である。 中間部はアルバムバージョンとは展開が異なり、曲構成を練っている中途段階であるようだ。 ここまではマスターの状態もほぼ完璧で、エクセレントであると断言できる。 さて問題のクライマックス。 12:40から14:00にかけて、だみ声のオジサン2人が、謎のお喋りを続ける。 曲想に合っているとはいえず騒々しく、時間も長い。 しかもリズム隊の音量を抑えて、お喋りを目立たせるようなミックスになっている。 そして仕舞いには強烈な音飛びも発生する。 ここは少々ガッカリな仕様だが、エンディングに向けての展開は、アルバムとは全く別物であり、とても興味深い。 この音源を公開した英断に感謝する。

DVD)
音声の方はNew stereo mixの5.1ch版。 でも、ウチでは5.1聴けないので未検証。 動画はElements DVDと同一内容だが、若干色が鮮やかになっているかも?
メニュー画面で流れるOmmadawn Part Two後半部分の別ミックスが秀逸ながら、中途半端にフェイドアウトする。 メニュー用とはいえ、切りの良いところまで収録して、鑑賞に堪えるものにするくらいの配慮がほしかった。



国内盤裏側(開封前)

アートワーク関連の画像は、後日追加していきたいと思います。

Tubular Bells 〜 Ommadawn の deluxe edition は、収録内容やブックレットの写真などから、Boxed の後継作品のように思えてくる。 言い換えれば、「元祖」Boxed のミックスは事実上廃盤になったことを意味する。 よって、Tubular Bells と Ommadawn のBoxedミックスは既にレアバージョンになっている。 Hergest Ridge のBoxedミックス=旧CDは、当面の間は中古市場が潤沢であろう。

さて、次のIncantationsリイシューは、どうなるのだろうか? Exposedでは、Incantations Part1終盤のカットが復刻されるのだろうか? そして未CD化の代表曲、Sallyは如何に?


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT