Mike Oldfield
[末尾]


To Be Free The Remixes (May 2002)

アルバム tr3s Lunas の先行シングルとして、イタリア盤でリリースされる。 Single Edit と、リミックスバージョン4曲の、計5トラック構成だ。 リミックス陣は、Pumpin' DollsとSoultronik。 このCDはリリース当初から入手困難で、国内の店頭はおろか、欧州でもほとんど見つからないといわれる。 大手通販サイトでも、入荷予定を先延ばしされたり、入手不能でキャンセルされるケースが相次ぐ。 このCDはamazon.comから取り寄せたドイツ盤。たまたま2枚在庫ありと表示され、即発注。10日ほどで届いた。

[Track List]

Warner Misic Spain
0927467752

Track List : 33.47
  1. To Be Free Single Version 3.59
  2. To Be Free Pumpin' Dolls To The Top Club Mix 9.29
  3. To Be Free Pumpin' Dolls Argento Dub Mix 8.11
  4. To Be Free Soultronik Hard Floor Cibervetido Mix 7.02
  5. To Be Free Soultronik Mix-tical Mix 5.05
[Listening Report]

Lead vocals : Jude Sim
Assistant engineer : Ben Darlow
#2-3 : remixed by Juan Belmonte & Abel Arana at Fullhouse studios, Madrid
#2-3 : remixed by Soultrornik (Jose Luis Adelantado, Paco Carro & Luis Monpo) at Soultrornik studio, Barcelona

#1は、アルバム収録のRadio Editと同じらしいが、細かいミックス違いなどは未検証。

#2は、出だしはいい感じの四つ打ちテクノ。重厚なサウンドで豪華な仕上がり。ボーカルパートは、ほぼオリジナルのままで現れるが、デジタル処理でBPMを上げたことから、やや窮屈な印象だ。演奏時間もたっぷりで、楽しめるトラック。#3は前トラックのダブ・バージョンで、四つ打ちトランステクノ。ボーカルは部分的に入るものの、インストパートはほとんど別の曲といってもよい。 #4も四つ打ちトランステクノだが、#3よりはクールな仕上がり。ラテン系パーカッションが鳴ってるが、たぶんループでしょう。ボーカルはサンプル主体で、Into the sun, into the sun の繰り返しも。

#5は、BPMを上げないミックスで、ほっとする。Wechsel Garlandを思わせるトロピカルなテクノ・アレンジで、淡々と歌われていく。ユニークなミックスだ。マラカスの音で終了。

本盤のミックス以外に、以下3種類のショートバージョンが確認されている(未聴)。そのうち2曲(1と2)が日本盤Tr3s Lunasのボーナストラックに収録されている。また2002年8月末に発売されたとされる次回シングル Thou art in heaven では、他国語バージョンも収録されている。

  1. Pumpin' Dolls Radio Frindly Edit
  2. Soultronik Mix-tical Radio Edit
  3. Soultronik Hard Floor Cibervertido Radio Edit

package back view / Made in Germany なる粗末なシールがあるが、スリーブにもその旨表示あり。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT