MAGMA
Trilogie THEUSZ HAMTAAHK (2000 - 2001)

Concerts Des 13 & 14 Mai 2000
Seventh A29-31 - total time : 132.27


  1. Theusz Hamtaahk (35:00)
  2. Wurdah Ïtah (48:36)
  3. Mëkanïk Dëstruktïw Kömmandöh (48:51)

Theusz Hamtaahk 1er mouvement : Theusz Hamtaahk (35:00)
  1. Malawëlëkaahm (6:28)
  2. Sëwolahwëhm öhn Zaïn (6:42)
  3. D^ëümb ^ëwëlëss dölëhn (3:52)
  4. Zeuhl Wortz (2:28)
  5. Gorutz Waahrn' (3:15)
  6. Tü lü lï ^ë üi dü wiï (1:08)
  7. Sè lah Maahrï Donsaï (2:31)
  8. Slibenli dëh Theusz (5:21)
  9. Zortsüng (3:09)
見開き写真。クリックすると、WURDAH ITAHトラックリストに行けます。

Stella Vander : chant, clavier, piano Fender
Isabelle Feuillebois : chant
Antoine Paganotti : chant, piano Fender
Jean-Christophe Gamet : chant
James Mac Gaw : guitare
Emmanuel Borghi : piano Fender
Philippe Bussonnet : basse
Christian Vander : batterie

Theusz Hamtaahk 2er mouvement : Wurdah Ïtah (48:36)
  1. Malawëlëkaahm (Incantation) (4:21)
  2. Bradïa Da Zïmehn Iëgah (L'initie A Parle) (2:35)
  3. Manëh Fur Da Zëss (Ensemble Pour Le Maitre) (1:42)
  4. Fur Dihhël Kobaïa (Pour La Vie Eternelle) (5:38)
  5. Blüm Tendiwa (L'ame Du Peuple) (5:49)
  6. Wohldünt M^ëm Dëwëlëss (Message Dans L'etendue) (3:08)
  7. Waïnsaht !!! (En Avant !!!) (3:11)
  8. Wlasïk Steuhn Kobaïa (Ascension Vers L'eternel) (2:44)
  9. Sëhnntëht Dros Wurdah Süms (La Mort N'est Rien) (6:00)
  10. C'est La Vie Qui Les A Menes La ! (4:32)
  11. Ëk Sün Da Zëss (Qui Est Le Maitre ?) (2:37)
  12. De Zeuhhl Ündazïr (Vision De La Musique Céleste) (6:11)
見開き写真。クリックすると、MEKANIK DESTRUKTIW KOMMANDOHトラックリストに行けます。

Stella Vander : chant, percussions
Isabelle Feuillebois : chant, percussions
Antoine Paganotti : chant
Jean-Christophe Gamet : chant
Julie Vander : chant
Claude Lamamy : chant
James Mac Gaw : piano Fender, chant
Emmanuel Borghi : piano Fender
Philippe Bussonnet : basse
Christian Vander : batterie

Theusz Hamtaahk 3er mouvement : Mëkanïk Dëstruktïw Kömmandöh (48:51)
  1. horts Fur Dëhn Stekëhn West (10:16)
  2. Ïma Sürï Dondaï (4:18)
  3. Kobaïa Is De Hündïn (2:07)
  4. Da Zeuhl Wortz Mekanïk (7:20)
  5. Nebëhr Gudahtt (7:39)
  6. Mekanïk Kommandöh (8:05)
  7. Kreühn Köhrmahn Iss De Hündïn (1:30)
  8. Da Zeuhl Wortz waïnsaht (hymne de la Zeuhl Wortz) (1:53)
  9. (5:41)
見開き写真。クリックすると、レビューに行けます。

Stella Vander : chant, percussions
Isabelle Feuillebois : chant
Antoine Paganotti : chant, piano Fender
Jean-Christophe Gamet : chant
Julie Vander : chant
Claude Lamamy : chant
Benoît Gaudiche - Yannick Neveu : trompette
Fred Burgazzi - Ronan Simon : trombone
James Mac Gaw : piano Fender, chant
Emmanuel Borghi : piano Fender
Philippe Bussonnet : basse
Christian Vander : batterie

2000年5月13-14日、マグマ結成30周年記念コンサートがパリ、モンマルトルにて開催された。 演奏内容は「トゥーサムターク3部作」全曲。 すなわち第1章「トゥーサムターク(憎悪の時)」、 第2章「ヴュルダー・イター(地球の死)」、 第3章「メカニック・ディストリクティヴ・コマンドー(破壊部隊の章)」が2時間あまりに渡って上演された。 本作は、その模様を収録した3枚組みボックス・セットである。

第1章「トゥーサムターク」はスタジオテイクがリリースされていない。 ここでは各サブタイトルが初公開されている。

第2章の「ヴュルダー・イター」全編は、この企画で初めて上演されたはずである (1990年前後のLes Voixでは、後半の4割くらいがプレイされた)。 この作品はクリスチャン・ヴァンデのソロ名義作品Tristan et Iseult O.S.T.で聴くことができる。 ここでは、幾つかの新しいフレーズが追加され、演奏時間も延長された。 特にアルバム未収録だった、凄まじいエンディングには鳥肌が立つだろう。

演奏者リストをご覧になれば判るとおり、章が進むごとにメンバー追加され、ラストの第3章「メカニック〜(MDK)」ではホーンセクションも参入。 さらに、通常は演奏されないコーダ(Kreühn Köhrmahn Iss De Hündïn)も上演されている。 まさに豪華版MDKであり、貴重なテイクではなかろうか。

3部昨全部入りであり、MAGMAの魅力を「手軽」に味わえるという意味で初心者にもお薦めで、 この作品から入るのも良いと思う。

贅沢ながら、ちょっと不満があるとすれば、次のとおり。 「ヴュルダー・イター」のトラック9の最後、ピアノのリフレインに合わせて複雑なコーラスアレンジがあるはずだが、なぜか収録されていないこと(ピアノだけが鳴っている)。 トラック10後半の盛り上がりが、ややシンプルで短いこと。 更に欲を言えば、アコースティックピアノで聴ければ最高だったかな。 それからMDK導入部の演説がコバイア語でないこと、アンコールの「HHAÏ」や無題バラード(どちらもクリスチャン・ヴァンデのボーカルが聴き所)が収録されていないこと、など。 MDK終盤の、一旦テンポが遅くなる演出(遊び?)は、要らなかったかも。

コバイア語のリリック・ブック付き。 奇妙なテキストが並んでおり、100ページ近い量がある。

そして2001年5月末に2度目の来日を果たし、熱いライブを繰り広げたことも記憶に新しい。

1st THEUSZ HAMTAAHK (A29) 2nd WURDAH ITAH (A30) 3rd MEKANIK DESTRUKTIW KOMMANDOH (A31)
イメージ(トラックリストにジャンプ)



コンサート風景(全体)
コンサート風景(ギター&ベース)



コンサート風景(ボーカル陣)
コンサート風景(御大のドラムス)



コンサート風景(ブラス隊)


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT