VANDER TOP BLASQUIZ GARBER
[末尾]


"SONS" Document 1973 - Le Manor

アルバム「MEKANÏK DESTRUKTÏW KOMMANDÖH」の一部は英マナー・スタジオにて録音された。この「SONS」は当時(1973/04/15)、マナースタジオで行われたインプロビゼーションである。MAGMA名義ではないが、その理由は演奏内容にあると思われ、MAGMA初心者は手を出さない方が無難かも(筆者も初心者なのでエラそうなことは言えないが;)。

[Track List]

Seventh AKT 2

Track List :
  1. `NËHÈH (KËHR) 70:06
[Listening Report]
Klaus BLASQUIZ : voix, perc
René GARBER : voix, perc, clarinet bass
Jannik TOP : voix, perc, orgue
Christian VANDER : voix, perc, batterie

奇声と、パーカッションがカラカラ、チリンチリン鳴るようなインプロが、ベタに70分続く。強いて言えば「Sons Et Chorus De Batterie (Opéra de Reims収録)」に近く、ドラム・プレイもあるにはあるが、ほとんど現代音楽の一種である。しかも長いので、途中で眠ってしまうことが多い。最後の最後でドラムがどん!どん!と強く打ち鳴らされるが、筆者は目が覚めないです。モノラルっぽく、立体感に欠けるミックスが残念。

アンビエント的に流して聴くには十分にOKだが、AMAROKよりも10分長いこの曲を真剣に聴くことで、ファンとしての忠誠心が試されるかもしれない(筆者は不合格かナ?)。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT