Magical Power Mako
[末尾]


Lo Pop Diamonds (1995)

1980年代を中心にした、未発表音源集。 サウンドや曲名から推測して、Welcome to the earth から Magical Computer Music の頃の録音と思われる。 EMusic提供のMP3ファイルを試聴(未入手)。

Atavistic - total time : 62.16


  1. Today's Fashion 2.50
  2. I Love You So I Want You 3.17
  3. Welcome To The Space World 4.52
  4. Goeiko 8.52
  5. Fiji 3.12
  6. Techno '80 3.40
  7. Welcome to The Earth 9.56
  8. Sea Of Joy 5.16
  9. Neputa (Live) 7.58
  10. Space Music 3.40
  11. Oh, Sunny Day 5.29
  12. Door 3.09

YMOが一世を風靡しはじめる頃だろうか、しかしメインストリームとは無縁の、 自宅録音丸出しの、チープなテクノポップといった趣きだ。 トラックによってばらつきがあるものの、 リズムマシンとシンセの多重録音で、手造りの味がある。 ヘナヘナなサウンドだが曲の出来は良く、個性的でインパクトの強いアルバムである。 ボーカルとしてReika and Asuka がクレジットされているが、詳細不明。

#1は、ざわめきに続いて「トゥーデイズ・ファッション」と日本語訛りのリピート。 そして思い切りオモチャっぽいシンセがピコピコ鳴る、おそろしくショボい曲(開き直りの域です)。 #2は曲名をお題目にリピートする、能天気なドゥワップ系。 後に Frog Can See The Future の一部に組み込まれた。 #3は、ゲスト女性ボーカルを起用した作品。 相変わらずヘロヘロしたテクノポップだが、 大昔の宇宙ファンタジーアニメ(未知の神秘とか戦いとかじゃなくて、もっと快適な夢のような)を思わせる名曲です。 #4は祝詞やお経のライブ録音でしょうか?正体不明。 #5は、どこかで聴いたようなメロディの、なんだかクスコっぽいネタ。 ニューエイジながら、かなり緻密なアレンジになっている。 #6はテクノに対する皮肉?徹底的にショボすぎるダンストラックです。 #7はおそらくデモテープで、遠くで鳴っているような音質。ボーカルは多分ご本人。 スローなバラードながら、テンポを上げつつノリノリになる展開がナイスです。 #8は波の音とカモメの鳴き声をバックに、ムード音楽のような趣き。 #9は、ねぷた祭りの生録でしょうか?急なカットアウトで終了。 以降、レビュー予定。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT