Kraftwerk
[末尾]


minimum-maximum (June 2005)

2004年4月から5月にかけてのワールドツアー・ライブアルバム。 各地の公演をセレクトしたコンピレーションアルバムなので、 コンサートの追体験といよりも、ライブ録音で綴るベスト盤かもしれない。 ただし選曲はアルバムTour de france soundtracksに偏り気味ではある。

Astralwerks ASW 60611 /7243 5 60611 25 - total time : 54.55 + 65.56


  1. The Man-Machine - Warszawa, Sala Kongresowa 27.05.04 7.55
  2. Planet Of The Visions - Ljubljana, Krizanke 24.05.04 4.45
  3. Tour de France Etape 1 - Riga, Olimpiska Hall 29.05.04 4.22
  4. Chrono - Riga, Olimpiska Hall 29.05.04 1.29
  5. Tour De France Etape 2 - Riga, Olimpiska Hall 29.05.04 4.48
  6. Vitamin - Moskwa, Lushniki 03.06.04 6.41
  7. Tour De France - Paris, Le Grand Rex 22.03.04 6.18
  8. Autobahn - Berlin, Tempodrom 25.03.04 8.51
  9. The Model - London, Brixton Academy 20.03.04 3.41
  10. Neon Lights - London, Royal Festival Hall 18.03.04 5.58
  1. Radioactivity - Warszawa, Sala Kongresowa 27.05.04 7.42
  2. Trans-Europe Express - Budapest, Sportarena 25.05.04 5.01
  3. Metal On Metal - Budapest, Sportarena 25.05.04 4.28
  4. Numbers - San Francisco, The Warfield 28.04.04 4.27
  5. Computer World - Moskwa, Lushniki 03.06.04 2.55
  6. Home Computer - Warszawa, Sala Kongresowa 27.05.04 5.54
  7. Pocket Calculator - Moskwa, Lushniki 03.06.04 2.58
  8. Dentaku - Tokyo, Shibuya Ax 04.03.04 3.15
  9. The Robots - Moskwa, Lushniki 03.06.04 7.23
  10. Elektro Kardiogramm - Tallinn, Exhibition Hall 30.05.04 4.41
  11. Aerodynamik - Riga, Olimpiska Hall 29.05.04 7.13
  12. Music Non Stop - Moskwa, Lushnik 03.06.04 9.54

Ralf Hütter / Florian Schneider / Fritz Hilpert / Henning Schmitz

各曲、既知なので個別紹介は省略する。 #2-8は本邦公演からの収録で、もちろん歌詞は日本語。 多少のテクノ、ダンスっぽさはあるが、ほぼオリジナル・イメージのアレンジになっている。 寄せ集めテイクで、音質もクリアであることから、やや臨場感に欠けるが、全編通して聴いても飽きることはない。 楽曲の良さを改めて実感させられる。

#2-1冒頭のナレーション(ヴォコーダー)で、プチノイズが鳴っているが、マスターに起因するものか?

この盤はEMIがライセンスした米Astralwerks盤。 amazon.co.jpでは発売当初\1,680という、超お買い得価格であった。 もちろん正規のCD-DA。 文句なしに「買い」である。

このライブ盤は、下記の形態があり(予定されており)、コレクター心をくすぐる。
EU盤(Astralwerks盤と同等)
ドイツ盤(EU盤とは、一部収録曲が異なる)
SACD
DVD
Analog Vinyl

EU盤とドイツ盤(どちらもEMI盤)は両方ともCCCDなので、購入を見送ったほうが無難。 国内盤は、少なくともEU盤とドイツ盤相当が、それぞれリリースされる模様。 CCCDが回避されるか否か注目される。



箱から中身を取り出す。
Numbers


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT